共働きのママ友達から相談がありました。

「もう、限界」だと。

 

初の女性管理職候補に名前があがっていた共働きママが、仕事をやめる決断をしました。

 

そつなくこなしていたように見えたママ友達が流した涙の先に見つけた答えに胸を打たれました。

 

今を頑張るワーママにこそ、読んでもらいたいです。

共働きママは仕事と育児で余裕なし

「退職しようと思うの」

 

会話はその言葉から始まりました。

 

笑顔のむこうには、かなり凹んだ彼女がいるように思えました。。

 

彼女の仕事は人事。

 

残業も休日出勤もしていることは知っていました。

 

実はママと同じ会社で働く知り合いがおり、ほんとに真面目で頑張り屋さんだという話も聞いており、本当に頑張っていたようです。

 

仕事で責任のある業務を任される
帰宅後は、家事という仕事が山積み

 

私も同じ人事の仕事をしているので、よく気持ちが分かります。

 

彼女は職場でも家でも1日中せわしくしていることに気づき、疲れてしまったようです。。

生活していくために働く共働きママ

共働きママ友達の部署は、朝からフルパワーで気合入れてのぞまないと倒れてしまうほどの激務。


残業をしないために、日中頑張ると話していました。

 

地域から考えても、正社員フルタイムだからと言って高給取りではありません。

 

それでもがんばったのは、子供のため。

 

今は旦那の給与だけで生活していけるかもしれませんが、今後はどうなるか分かりません。

 

子供が小さいうちは大変ですが、将来を考えて正社員で働きつづけたいと思っていたようです。

 

働きママはみんな同じです。

体調を崩して気づいた子育てママの働き方とは

ある時、朝起きようとしても、めまいがひどくて立ち上がることが出来ないようになり、仕事を休んだそうです。

 

1日だけではなおらず、1週間の欠勤。

 

たぶん、精神的に疲れてしまったんでしょうね。。。

 

育児だけでなく、家事もこなすことが出来なかったそうです。

 

一度立ち止まって得たのは、自分の働きを見直す時間だったと・・・

 

何のために仕事をしているのか?

お金のためにと頑張って仕事をしていたが、そのしわ寄せが家族にきているのではないかと考えたそうです。

 

仕事だからといって、残業が続き、子供のお迎えが遅くなる。
仕事だからといって、休日出勤をして家族の時間が減る。

 

彼女いわく、「私は器用にこなせないタイプだから、すべて全力投球してしまう。だから疲れたんだと思う」と。

 

彼女は仕事をやめる決断をしました。

今すぐ旦那も家事と育児に協力を

ママ友達が倒れている間の家事や育児は全て旦那さんが担当。

 

これまで何一つ手伝ってくれなかった旦那さん、子供も必死になって、料理や洗濯などをしてくれたそうです。

 

ママって、仕事で頑張り、帰宅後は家事と育児でもうひと踏ん張り。

 

旦那は全てが終わったころに、ただいま~

 

育児はママがするものなの?
家事は女がして当たり前なの?

 

ママが残業するといい顔しないパパが多い!
そのくせ自分は当たり前に残業してくる(-_-;)

 

共働き世帯が当たり前の今になっても、いまだに考え方が変わっていない男性が多くて腹が立ちます(=_=)

 

ママが倒れてからでは遅いです!
 

ママが機能しないと、本当に家庭はうまく回りません!

 

ママ友の場合、職場環境がよくなかったことが大きな原因だと思いますが、それだけじゃない!
 

旦那さんが、日々家事や育児を手伝っていたら、友達は倒れるまではなかったかもしれません。

ママにとって大事なのは家族と健康

転職は〇〇歳までかもしれないけど、今は家庭が一番と話していたママ友達。

 

子供がある程度に育ったら、いつかまたバリバリ働きたいらしいです。

 

仕事に対する考え方は人それぞれ。そつなくこなしているバリキャリママも、そう見えるだけで本当はみんな苦労しているはず。

 

ママ友達と話して、わかったこと。
「お金は大事だけど、それよりも家族や健康がなによりも大事」

 

何のために働くのか、今一度思い返してみてもいいかもしれません。