KOZおかず【かぶとれんこん入りつくねのスープ】 | KOZLIFEのアメブロ

KOZLIFEのアメブロ

LOVE FOOD LOVE LIFE をテーマとしたネットショップです。
北欧雑貨、北欧家具や日常に使う道具を私たちのライフスタイルに
合わせた商品の提案をするネットショップです。


テーマ:

毎日のお料理お疲れ様です♪ 

 

皆さん、風邪ひいてませんか~? 

 

息子の学校では、

 

インフル大流行のようで仲の良い友達が

 

 休むたびにヒヤヒヤしている店長みわこです。。。

 

 

 このまま乗り切ってくれ、息子!! 

 

家族が健康でいられるために、

 

母ちゃんは今日も頑張って料理をつくるよ さてさて、

そんなことで。 

今日は、

健康に良い免疫力を高める【かぶ】を使ったあったかスープです。 P1180802 (2).jpg 

七草で言うところの「スズナ」が、 かぶです。 

煮込んで食べると、

胃腸の働きを助け 温めてくれるそうですよ。

 ビタミンCの効能により風邪予防にもなるそうです! 

早速、クッキングスタート。 

材料 2人前 

蕪 小4個(大2個) 

出汁 500cc〜 

塩 適量 

薄口醤油 小さじ1 

お好みで柚子の皮の千切り 

○蓮根入りつくね 約13〜15個

 鶏挽き肉 200g(胸、もも肉1:1)豚ひき肉でもOK 

蓮根 60g 

生姜 8g 

葱 8cm 

椎茸 1個 

人参 30g 

塩 ひとつまみ 

卵 1/2こ 

酒 大さじ1 

醤油 大さじ1 

片栗粉 大さじ2〜 

【作り方】

 1.つくねを作る。  

蓮根、生姜、長ネギ、椎茸、人参はみじん切りにする。 KOZおかずかぶとれんこんのつくねスープ.jpg 

2.ボウルにひき肉と塩を入れ、よく捏ねる。 P1180783 (2).jpg 

3.1の材料、溶き卵、調味料を加え更に良く混ぜる。  

片栗粉で硬さを調整する。 P1180786.jpg 

4.スープを作る。  

蕪は茎を少し残し、皮を厚めにむく。  

茎の部分は土が挟まっているので竹串などを使いよく洗う。 

5.鍋に蕪とお出汁をひたひたに加え火にかける。

沸騰したら弱火で煮る。 P1180789 (2).jpg 

6.蕪が柔らかくなってきたら、つくねを手で絞り出し加える。 P1180793 (2).jpg 

7.つくねに火が通ったら、塩で味を整え、仕上げに薄口醤油を加える。

 仕上げに柚子の皮の千切りをのせる。 P1180797 (2).jpg 

ハンマースホイのボウルに盛り付けて完成で~す♪ P1180800 (2).jpg 

ほっこり温まる~ 

おいしくなるコツ★ 

ひき肉はよく練ること。 

つくねはフライパンで焼いて照り焼きソースやおろしポン酢で食べるものおすすめ。 

多めに作ってタネは冷凍保存出来ます。 

皆さんも風邪ぴきには気を付けて下さいね~ 

本日の食器

KOZLIFEさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります