非効率な33人&スパルタな1人 | 小澤太一の『ホントはUNHAPPY DAYS 』

小澤太一の『ホントはUNHAPPY DAYS 』

写真家・小澤太一の日々を綴ったブログです。


テーマ:
一年かけて江ノ島・湘南エリアの写真を撮り、
写真展開催を目指すワークショップ・・・通称:スパルタ写真展WS。

去年の6/22、ワークショップ第一回目として、
都内の写真展をしこたま回ってみました。

その数一日で・・・33個!!
その日の様子は・・・【コチラ】を御覧ください。

その後、夏→秋→冬→春・・・と、各季節ごとに、
撮影会→講評会を繰り返して、本日が最後の講評会。

つまり写真展に出す、たった4枚の写真を選ぶのです。

スパルタWSなので、今日この場で顧問である僕が4枚を選ぶのではなく、
【家であらかじめ4枚、自分でしっかり選んで持って来て下さい!】という指令。

選んできた写真について、それでいいのか?よくないのか?
じゃあどうしたらいいのか?何を伝えたいのか??他にどんな写真があるのか?

ひとりたった10分の持ち時間。

早い人は、1分くらいで『うん、いいんじゃないっすか』とすんなり決まる人もいれば、
持ち時間の10分でも決めきれず、最後に回されて延長戦でギリギリ・・・という人も。

でも、とにかく全員、自分でしっかり4枚選ぶことができました。

僕が決めたのではなく、参加者33人が、全員自分で自分の写真を決めた!
それがじつは案外大事だったりする訳です。

いい写真展示ができれば、自分のおかげだし、
いまいちな写真展示になれば、それも自分のせいです。

えぇ、顧問のせいではありません・・・なぁ~んて(笑)

たった4枚の写真出すのに、最低各季節ごとに4回・・・
僕でたぶん7回くらい・・・多い人は15回くらい江ノ島・湘南に通った人も。。。

なんて非効率的な!?

そうなんです、非効率的なんですよね。

でも、それだけ長い時間、自分が写真を展示することを考えて
撮影して選んで落ち込んでまた撮ってまたダメだしされてやけくそになって・・・

苦労すればしただけ、いい写真ができるわけじゃないのは、
プロの写真家としてやっているわけだから百も承知だけど、
でも、33人にとって、この非効率的な撮影をして
たった4枚選んだのは無駄ではなかったと思います。

うまい写真ばかりではないかもしれませんが、
どんな組写真になっているか、興味がある人は、
ぜひ6/10~15、渋谷のルデコでお確かめいただければ、
非効率的なことが好きな33人+スパルタ顧問の僕としては幸いであります。

写真展『スパルタ33~江ノ島・鎌倉365~』
期間:2014年6月10日(火)~15日(日)
時間:11時~19時(最終日17時まで)
場所:ギャラリールデコ



【参加者】
●青池邦雄●安樂聡美●石川正明●石川美寧子●伊藤隆弘●入江浩之●大倉慈●大西俊正●河合良徳●合田峻●小町敏則●齋藤晴夫●酒井優通●酒井純子●佐々木一弘●佐藤啓司●白崎幸雄●高田靖●高田裕貴子●高橋昭宏●田中かずこ●角田一崇●羽賀孝夫●馬場紀子●平久保雄大●福井秀夫●三谷泰彦●三宅秀幸●本山直人●谷津雅巳●芳村麻里●渡辺恵●渡邊善一


無事に全員の写真が決まって、これでゴール・・・ではなく、
やっとスタートラインです。
まだな~んも始まっていません。

そういうわけで、決起集会を行いました!!

ヨ~~~~ォッ!!!

小澤太一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス