朝から蝉がうるさ~い(。-∀-)  1週間予報ではしばらく猛暑日が続くそうですタラー
暑過ぎて頭が回らないので、ゆる~い内容の記事になる事をお許しください(笑)
 
パリ旅行中のお食事の一部を書き留めておきます。←ほぼ自分の為の記録ねー
 
今回の旅行で2回訪れたレストラン。
PAUL BERT」という人気の老舗ビストロがあり、その系列のレストラン「LE 6 PAUL BERT」。
人気店なので予約をした方が良いのですが、ネットで簡単に予約をとれるのが便利でした。
 
 
お客さんは観光客よりもパリジャンが多い感じ。
エアコンがなく、暑い日にはドア開けっぱなしで大型扇風機を使ってました(笑)
満席だったので店内写真は撮り辛く、バーカウンターのみですが・・・・
ワインボトルを使った照明がオシャレな感じ♡
 

 

まずはランチに訪れて、わりと美味しかったので後日ディナーにも出かけました。

パリで20ユーロ前後のランチはかなりお手頃価格です。

 

この日のランチではデザートに食べたい物がなかったので、デザートなし前菜とメインの2皿20ユーロのコースを注文。

 

 

夫が注文した前菜のイワシのマリネ、タプナード(南仏発祥のオリーブを使ったペースト)とフェンネルのソース。

メインは牛のハラミ肉。ミニポテトと赤ネギ、肉汁のソース。つぶつぶは何やったんかな?

 

 

私は以前フランスのイワシのマリネに中った事があるので、イワシを避けて必然的にOeuf parfait(フランス風温泉卵)をチョイス。蕪、キャベツ、鶏肝、ベーコンのソース。

日本人的にはちょっと物足りない・・・・朝ごはんみたいな感じ(笑)

 

メインはエイのグリエ、ズッキーニとトマトコンフィ、チョリソー。

今、改めて写真を見たらズッキーニには見えないな~お茄子っぽい(笑)

 

 
別の日のディナーにも出かけました♪
少しずつ色んなお皿を楽しめる「Menu Surprise Dégustation」48ユーロを注文。

アミューズブーシュは黒ゴマのシュー。それ以外に4皿とチーズ、デザートが付いています。(チーズはお腹いっぱいでお断りしたので料金に含まれているのかどうかは不明ですが)

各お皿の説明は口頭でしてもらっただけなので、ほぼ覚えていませんあせる

4皿中2皿がお魚で最後のお肉は鴨でした。
 

 

全体的にクリームやバターを余り使わない(全く使っていないかも)地中海料理や日本のフレンチに近い感じで食べ易かったです。

 

 
続いて、モンマルトル近くにオープンしていた大衆食堂「Bouillon Pigalle」。

日本の雑誌にも取り上げられています。

日本語のメニューが店外に貼られていますが、手渡されたのは英語とフランス語のメニューでした。

 

早めに行ったので人気のテラス席に座れました♪余り暑くない日だったので風が気持ち良かったです。

 

 

前菜には大衆ビストロの定番エスカルゴを。

メインには夫はステーキを、私はチキンを選びました。
このポテトの量・・・・いつも半分以上残してしまいます。注文する時に少しにしてもらおう~と思いながら、いつも伝えるのを忘れてしまいショック
 
 
もう1回訪れましたが、料理を撮っていなかったぶー 基本、こまめに食べたものを撮る派じゃないので。
 
初めてのパリ旅行以来、何度も訪れている大衆食堂・「Bouillon Chartier」。

ここ数年、行く度に観光化されているような気がします(;^ω^)

 

 

昔ながらの雰囲気の店内を見るだけでも価値があるお店です。
接客は店員さんによって当たりはずれがあるかな~。
 
この日は鴨のコンフィがメニューにでていたので(日替わりみたいです)、2人共注文しました。
前菜には夫がパテを、私は根セロリを注文。
無難に美味しかったです。
 
 
大衆食堂は終日提供されているので、お昼や夕食時を少し外していくと並ばずに入れると思います。予約は受け付けていないようです。
 
ホテル近くの人気レストランにも行ってみました。名前は・・・忘れてしまったタラー
2人とも同じものを注文。何だと思います?一瞬、間違ったものを持ってこられたのかと思いました滝汗
好物の「magret de canard」(鴨の胸肉)。普通は、この1/4くらいの量なんじゃないかな。
ブルーベリーかなんかのフルーツソースにしてもらいましたが、甘くて酸味が少なかったです。
量が多くて最後は脂にやられたけど、鴨自体は焼き加減も良く美味しかった♡
そしてまたポテト・・・・インゲンをメインに食べてポテトはほぼ残し・・・。
日本では食べ物を残すことはしないようにしているんですけどね~ショック
 
 
 
キッチン付きホテルに宿泊していたので、1日1~2食は自炊していました。
ある日の夕食。
前菜にポアロネギとマッシュルームの炒め物。茹でホワイトアスパラ。バイヨンヌ産生ハム。
メインにはビオマルシェで購入した鶏の丸焼きにインゲンを添えて。
 
 
暑過ぎない日にはバルコニーでゆっくりとワインを飲みながらお食事していました♪
自炊すると旅行中不足がちなお野菜もしっかりと食べられるので体調を維持し易いです。

パリ旅行の参考に、、、ならないですよね〜(/ω\)