株式会社宏陽の代表の田島猛です。

埼玉県所沢市を中心に、スタイリシュで、機能的で、住み心地の良い新築建売住宅の企画、建築、販売をしてます。


(販売中の所沢市東所沢E号棟)

「失敗しない建売住宅の取得 ー諸費用で失敗しない為に(2)」です。

(1)で諸費用は全部で10ケあると書きました。

1)売買契約書に貼り付ける収入印紙代金
   ・支払い先→郵便局

2)仲介手数料  ・支払い先→仲介不動産業者 

3)移転登記代、保存登記代、抵当権設定登記代
   ・支払い先→司法書士

4)表示登記代   ・支払い先→家屋調査士

5)ローン保証料     ・支払い先→銀行

6)消費貸借契約書貼り付け用印紙代金
 ・支払い先→銀行
7)ローン手数料 
 ・支払い先→銀行

8)ローン代行手数料(ローン事務代行費用)
 ・支払い先→仲介不動産業者

9)火災保険料
 ・支払い先→保険会社

10)固定資産税精算金
 ・支払い先→売主の不動産業者


ここでクイズです。

支払い先が銀行、保険会社の 5)、6)、7)、9) を除きます。

1)、2)、3)、4)、8)、10) の6ケの諸費用の内、

取引形態(売主直売とか仲介とかのこと)や

お願いする仲介不動産業者や司法書士や家屋調査士によって、

費用が結構違う諸経費はあるでしょうか?

それとも、どこにお願いしてもたいして違いが無いものでしょうか?

また、やり方によっては、経費を安くする方法があるでしょうか?

あなたはどう思いますか?

1)売買契約書の印紙

2)仲介手数料

3)移転、保存登記代

4)表示登記代

8)ローン代行手数料

10)固定資産税精算金

これらのなかで、費用が低くすることができる諸経費はあるでしょうか?


    *          *           *

答えは、10)の固定資産税精算金以外は全て金額を低く出来る可能性があります。

特に、2)の仲介手数料と8)のローン代行手数料は
0円にすることは出来ます。

(3)に続く

株式会社宏陽 田島猛