株式会社宏陽の代表の田島猛です。

埼玉県所沢市を中心に新築建売住宅の企画、建築、販売を行なっています。

スタイリシュで、機能的で、住み心地の良い住宅を建売住宅で、そして建売住宅の価格で提供するために頑張っています。

(le coton上安松A号棟)

新築建売住宅の広告で「売主物件」という言葉が使われてます。

下は当社が売主の新築建売住宅のネットの広告です。


「売主物件」という言葉があるのが分かると思います。


『「売主物件」という言葉で、「仲介手数料不要」ということが分かる人がどのくらいいるのか?」ということがスタッフと話題になりました。

             *              *              *

そもそも「仲介手数料不要」も分かりにくいです。
不要ということは「仲介手数料がかからない」といあことですが、仲介手数料というのはどのくらいかからの?というのがイメージ出来ないです。

概略でいうと

4,000万円の新築建売住宅で、
仲介手数料は135万円(税込)程度です。

*建物の消費税のこととか、細かいことはありますが、仲介業者の方から請求されるのは、だいたいそんなところです。


「仲介手数料不要」というのは、だいたい100万円以上のお金が節約出来るということです。

「仲介手数料不要」でそのことがイメージ出来る人は少ないようです。

              *               *               *
話を戻します。

「売主物件」という言葉で「仲介手数料不要」ということが分かる方がどのくらいいるのでしょうか?

私は「売主物件」→「仲介手数料不要」と分かる人はたくさんいると思ってましたが、
スタッフはそんなことはないと意見です。

どちらが正しいか、何人か聞いて見ました。

私の予想は外れました!

「売主物件」から「仲介手数料不要」までイメージ出来る人は予想以上に少ないです。

スーモ、ホームズなどのポータルサイトでは
「売主の為、仲介手数料不要!」の言葉を使うことは禁止されてます。

どのような理由でそうなのか?だいぶ前にスーモの担当者に聞いたことがありました。

しかし、よく分かりませんでした。

   *           *          *
「売主物件」と書いてあったら、「仲介手数料不要」です。100万円以上の仲介手数料が不要です。
そのことを知っていてください。

株式会社宏陽 田島猛