【デイホスピタル湖山】トイレの悩みを解決「d-free」のご紹介 | 湖山リハビリテーション病院のブログ

湖山リハビリテーション病院のブログ

湖山リハビリテーション病院・デイホスピタル湖山・訪問看護ステーション百葉からさまざまな情報を発信します。


テーマ:

こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪が流行っているようですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手洗いうがいは、インフルエンザだけではなく風邪の予防にもなります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手洗いうがいをしっかり行っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレのタイミングを教えてくれる機器のご紹介です。

 

d-free(ディーフリー)

 

機器は小型で、手のひらくらいのサイズ。

 

 

 

簡単に言うと、膀胱の位置にあたる下腹部にセンサーを貼ると

 

 

お手持ちのスマートフォンにトイレのタイミングをお知らせしてくれるというものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな方に適しているのかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・トイレに行くタイミングを逃してしまいやすい方

・トイレに間に合わないことがある方

・尿意を感じづらく、いつトイレに行ったらよいのか分かりづらい

・介護をしていて、いつトイレに連れて行ったらよいのかわからなくてトイレのことがいつも心配になってしまう

・自分でトイレに行く習慣をトレーニングしたい

 

 

 

 

 

 

など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレのことを気にしてしまうとなかなか外出するのに気が引けたり、人と関わることが億劫になったりするものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このd-freeという機器はそんなお悩みを解決するべくして開発された機器です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

d-freeという機器について、作業療法士の串田さんが丁寧に説明してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、熱心に聞いてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレの心配は誰にだってあるものなんだということが伝わってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

排泄の問題はとてもデリケートな部分で、個人で悩みを抱えがちですが少しでもお力になれるよう寄り添ってともに考えながら解決していけたら良いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご本人様、ご家族様の気持ちを大切に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちも、こういった機器があるということをお伝えしながら、個を尊重した排泄ケアに取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる方は、お気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

2018.12.6

デイホスピタル湖山

中西

 

湖山リハビリテーション病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス