【デイホスピタル湖山】クラフト活動と職員紹介その5 | 湖山リハビリテーション病院のブログ

湖山リハビリテーション病院のブログ

湖山リハビリテーション病院・デイホスピタル湖山・訪問看護ステーション百葉からさまざまな情報を発信します。


テーマ:

こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

台風がそれてくれたおかげで、雨風ほとんどなかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

デイホスピタル湖山は今日も元気に活動しておりましたo(^-^)o

 

 

 

 

 

 

 

本日は「デイホスピタル湖山職員紹介その5」についてご紹介しますので(≧∇≦)

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ。最後までご覧くださいませ♡

 

 

 

 

 

 

クラフト活動を行いました

今回制作しているのはこちら。

 

 

 

 

牛乳パックを使用した小物入れです(^_^)

 

 

 

 

横から見ると、このような感じの器になっています。

こちらは、牛乳パックを同じ形に切り、好きな布を貼って繋げて作るというもの。

 

 

 

 

本日は細かい作業を、同席の方と協力し合いながら作りました。

 

 

 

 

のりを使うとき、片方の手しか使えなくても。

 

 

 

 

Aさんがボンドを取るときは、Bさんは手で押さえてボンドがすくえる様にお手伝い。

 

 

 

 

 

 

 

「なんだか、のりの取り合いをしてるみたいキョロキョロけんかしてるみたいだねぇ~ニコニコ(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

とお話とともに作業は進みました♪

 

 

 

 

 

 

今日感じたことは、皆さんの集中力が強いということ。

 

 

 

 

集中して楽しんでいただける姿を見ると、職員も熱くなります爆  笑

 

 

 

 

 

 

完成まであと少し。

 

 

 

 

 

 

またレポートします爆  笑

 

 

職員紹介その5

本日ご紹介するのは。

 

 

理学療法士 望月さん(写真右)

 

 

 

 

 

 

 

臨床9年目のリーダー的な存在です。

 

 

 

リハビリを行うときは、心を鬼にして指導に当たるのが望月さん流。

時にそれが「厳しいあせる」と言われることもありますが

利用者様を想う気持ちは熱いです。

 

 

 

 

 

 

「ここができるようになってほしいから」

「歩けなくなってしまうと、ご家族の負担が大きくなるから」

 

 

 

 

 

 

 

ただただ、厳しくしているのではありません。

利用者様やご家族様の想いを知り、皆で話し合い、ちゃんとした理由で芯を持ってお声掛けをしています。

 

 

 

 

 

 

昨年度から相談業務にも携わるようになりました。

リハビリ専門職としてお客様により安全で楽しく生活を送って頂けるよう日々奮闘中!

 

 

 

 

 

 

 

 

「何事も楽しく!やるからには全力で!」がモットー(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そんな望月さんはとっても女の子らしい一面があるんですニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

大好きなんです、このキャラクターがラブ!!!!

 

 

 

キティちゃん好きの人には悪い人はいない。

 

 

 

 

 

 

望月さんといえば、キティちゃん!!!

 

 

 

 

 

 

こう覚えて頂けたら、間違いないですグッド!音譜

 

 

 

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

2018.8.9

デイホスピタル湖山

中西 

 

湖山リハビリテーション病院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス