~保育室ぽっぽ~ お別れ発表会 | 湖山リハビリテーション病院のブログ

湖山リハビリテーション病院のブログ

湖山リハビリテーション病院・デイホスピタル湖山・訪問看護ステーション百葉からさまざまな情報を発信します。


テーマ:

3月23日(金)に保育室ぽっぽではお別れ発表会が行われました。

今年度は11名のお子さんがぽっぽから巣立ち、保育園、幼稚園に入園します。

この日の為に、2歳児きりん組さんを中心にお遊戯や劇を練習してきました。

当日の様子をお伝えします!

 

まず、きりん組さんのあいさつからスタート爆  笑

 

みんなで手をつないで、会場に来て下さった保護者のみなさんにあいさつしました。

セリフも練習してきて、ばっちりビックリマーク

立派なスタートになりました。

 

オープニングはきりん組さんの竹太鼓です音譜

曲に合わせて太鼓をたたきます。最初は叩くだけだった子ども達も、練習を重ねるたびに先生の真似をしながら、休むところやポーズを決められるようになりました。

 

次に1歳児うさぎ組さんが大好きなノンタンと動物たちに変身!

手遊びや、ぽんぽんダンスなどかわいらしく披露してくれました。

大勢のお客さんを前に泣いてしまうかなあと心配していましたが、誰も泣くことなく普段楽しんでいるように披露できてわたしたちも感動しました。

 

 

 

0歳児ひよこ組さんは先生手作りのかわいい衣装をつけて、お母さんと一緒に登場です。

手遊びの披露と、「わーお!」の踊りを親子で踊りました。

大好きな踊りで、良く覚えていて舞台の上で元気に踊る事ができました。

 

 

 

そして2歳児さんの劇遊び「もりのおふろ」です。

かわいい動物が登場して、次々に背中を洗いっこしてお風呂に入るお話です。

 

マイクで練習してきたセリフも言うことができました。

 

 

最後に、お湯をかけて、みんなでお風呂に入ります。

みんなでタイミングを合わせて、お湯をかぶったり、お風呂にどっぽーんと飛び込みましたビックリマーク爆  笑

 

 

途中、可愛いハプニングもありましたが練習以上の劇遊びを披露すること出来ました。

 

思い出のムービーシアターの上映を行い、最後は卒園児のお子さんにメダルとプレゼントの授与、進級メダルのプレゼントもありました。

 

親子合わせて80名ほどの参加があり、卒園と成長を喜び合える会となりました。

 

赤ちゃんの頃からぽっぽにいた子どもたちも多く、毎年卒園はとてもさびしいですがこれからの成長を楽しみにしたいと思います。

 

すくすく大きくなってねビックリマークビックリマークニコ

 

 

 

 

 

平成30年3月26

保育室:小林

湖山リハビリテーション病院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス