ぽっぽの節分

テーマ:

2月1日、保育室ぽっぽでは一足早く節分の豆まきを行いました。

自分で作ったお面をかぶって、お散歩に出発!

上手にできたので、お気に入りのお面になりました。

 

 

 

お散歩の途中で、2歳児きりん組さんが鬼になって、1歳児うさぎ組さんと、0歳児ひよこ組さんのお友だちをおどかしました。

「おにはーそと、ふくはーうち!」

かわいい鬼の登場に、怖がる子もなく、和やかな豆まきタイム・・・

 

 

豆まきはこれで終わりかな?と笑顔の子ども達でしたが、本物の鬼が登場!

「悪い子はいないかー?」

(男性職員が扮装して登場!去年よりグレードアップしています!!)

 

突然の鬼の登場に「キャー」「ギャー」と逃げまどう子ども達。

どこか隠れるところはないかと探して、建物のかげに隠れる子どももいました。

 

 

 

それでもきりん組さんを中心に鬼に豆を投げてやっつけました。

 

鬼はやっつけられて、「いい子にしていられるかな?」の質問にちゃんと「はーい」と手を挙げた子ども達でした。

 

「こわかったね」とちょっぴり放心状態でしたが、部屋に戻ると福の神のお福ちゃんが来てくれました。

 

優しいお福ちゃんにお菓子をもらって、笑顔が戻った子ども達でした。

 

 

今年も怖くて楽しい豆まきになりました。

 

皆さんのいろんな鬼も豆まきでいなくなりますように・・・

今年もたくさんの福がやってきますように!

 

 

 

 

平成30年2月2

保育室 小林陽子