こわたりのこだわり

ブログの説明を入力します。


テーマ:

ベックオンフェスタのC1に参加してきました

 

滋賀県の東近江市にあるふれあい運動公園でおこなわれるレースで、今年で11回目。

 

一周1.6キロの平坦なコースで

ラグビーボールのように両端に鋭角なコーナーがあるもブレーキが必要なのは最終コーナーのみ。

 

レースは20周32キロを2周に一回のポイントレースでおこなわれるため、通常のクリテリウムとは違う戦術が必要とされる。そのために展開が複雑になり、観る方も面白いと思うので他のレースでも採用してもいいと思います

 

C1とC2二クラス混走となったので出走は70名と多いため、ローリングの間になるべく前に上がる。リアルスタートまでには最前列へ。

 

最初のポイントまでは危険回避も考えて前々で展開する。一回目のポイントまでに脚を使うことになるんで無理にはポイントを取りに行かない。

 

一回目のポイント終了後、数人が抜け出す形になるも逃げる意志はあまりなく集団になる。

 

二回目、三回目と集団のままポイント周回を迎える。周りも疲れてきただろうとポイント通過後も踏み続け、逃げを作る

 

三名いたもののしばらくして二名に。集団は容認なのかまとまらないのか15秒ほどに開く。

 

一緒に逃げている選手に交互にポイントを取りに行こうと提案し、逃げの中での牽制がないように促す。逃げている以上、まずは逃げ続けて1・2位を確定することが最優先。

 

ポイント周回のたびにペースが上下する集団を尻目に一定ペースで走る。一緒に逃げている選手が大学生のようだったのでどこの大学か気になり、先頭交代の時にジャージを見ると…

 

University of Tokyo………

東京大学!!   

めっちゃかしこいやん!!

 

とレース中にもかかわらず叫んでしまう

 

そんなこんなで後半へ。ポイント的に優勝は間違いないだろうがせっかく逃げているので最後までいきたい。東大の選手がキツくなってきたので多めに引く。この選手、そうはいっても小柄で細いのにかなり引いてくれて助かりました。

 

後続の追い上げもそんなになかったのでちぎらないペースで最終周へ。ゴール手前で飛び出して単独でゴール。東大の選手が逃げ切れたか気になり、ゴールで下を向いてしまう

 

風も強くなってきている中で二人とはいえ協調してペースで走れたので早めのアタックが功を奏した。実業団のレースが一月以上ないのでトレーニングレース等で調子を上げていかなければ


今回のブログの写真は全て、松本昭彦さんから。ありがとうございます!

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コワケンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。