2019年9月6日から、サポートが強く働く「上弦の月のサイクル」に入ります。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





9月6日からお月さまの満ち欠けのサイクルは、「上弦の月のサイクル」。



上弦の月のエネルギーは、「ものごとを形づくるためにサポートが強く働くエネルギー」。



この時期は、形にしたいものごとのために「行動」していくことがポイントとなります。



お月さまは姿を通して、現在の時期、固有の情報を私たちに教えてくれています。その時期と固有の情報を理解し、その通りに行動していくことが天地自然と共鳴して生きる一つの法則です。



お月さまは私たち「ヒト」という生命体にとって、羅針盤の役割を果たしてくれているのです。




(お月さまの満ち欠けのサイクルの詳細はこちらをご覧ください。)



+++++    +++++    +++++




個のテーマの完了」といただいている2019年は、



自分自身の「個」というものに視点をおき、生き方や発する周波数を変えていくための最終期間と言えるもの。




また、この地球上でヒトという生命体として存在している私たちが、本来の目的を果たしていくために数多くのことを想いだすよう設けられた大切な期間とも言えるのが2019年です。



この2019年の過ごし方が、2020年から始まる大激動期の生きる領域場を決めていくと言っても過言ではありません。



+++++    +++++    +++++



2019年9月の時のエネルギーは「創造」といただいており、今回の上弦の月のサイクルは私たちがより創造活動をするために最適なサポートが強く働くタイミングになるとメッセージが届いています。



9月のポイントの記事でもお伝えさせていただきましたが、



私たちは自分自身の本当の声を抑圧したり、魂が求めることを我慢していると周波数が格段に落ちます。



私たちは周波数が落ちると生命維持装置が発動するかの如くエネルギーを上げようとする生命体ですので、無意識レベルで「自分自身を癒す」ということを行うようになり、視野が自分だけのことになりますので自由自在性が低くなります。



自由自在性が低い状態と共鳴する領域場は、創造エネルギーが発動しませんので、自分自身の本当の声を抑圧したり、魂が求めることを我慢するということを辞めると言うことがまず大切なポイントになります。



+++++    +++++    +++++



このタイムラインでは、個のテーマの完了に関わることが現象化されることが少なくありません。



その一つひとつの現象は、今まで生きてきた中で刷り込まれた観念の影響とも言えます。



観念そのものに良いや悪いはありませんが、その観念がいまの時流、全体の周波数と共鳴していなければ私たちの生きる領域場は自由自在性が低くなってしまいます。



いまの時流、全体の周波数と共鳴しない観念の大枠は、



正義と悪
正しいと間違い
本物と偽物
損得




などから派生するものが少なくありません。



このような観念は、私たちの本当の歓喜(本質)から離れているものですので、私たちが豊かさを感じることは難しくなってしまいます。



今の時流、全体の周波数と共鳴するポイントは、自分自身の魂が歓喜しているかどうか、そのことを基準にすれば自ずと私たちは豊かさが与えられるようになっています。



+++++    +++++    +++++



私たちの歓喜は、創造活動の源であり、歓喜のエネルギーは創造エネルギーです。



よって、この上弦の月のサイクルでのポイントは、



自分自身の本当の声を抑圧することを辞める。
魂が求めることを我慢しない。




そして、



自分自身が歓喜するかどうかを基準にして行動する。



ということを思い切って始めてみることです。



このタイムラインで、



本当は好きだったこと。
本当は興味があったこと。
本当はやってみたかったこと。




など想いだし始めている方が少なくないかもしれません。



それは、学生のころに想っていたことかもしれませんし、もっと小さいころのことかもしれません。



そのようなことを想いだし始めていることがあるのなら、そのことは自分自身の深い部分と共鳴していることです。



常識や当たり前や今までの時流の影響で、そのことを諦めたのかもしれませんし、そうせざるを得なかったのかもしれません。



ただ、その想いだしていることが、その想いだしていることから連動することが、いまの自分自身の魂が震えるほど歓喜することであるのなら、どうかそのことを大切にしてもらいたいのです。



今までの常識や当たり前や多くの人の声でかき消されてきたあなたの想いやその熱量がいま、新たなる領域場で形になるタイミングでもあるからです。



一つひとつ丁寧に没頭するあなたの生きるエネルギーが、歓喜のエネルギーであり、そのエネルギーを宇宙はいま求めています。



宇宙が求めているエネルギーを発することは、全てが豊かになるのです。



大切な大切なタイミング。
どうぞ豊かな上弦の月のサイクルをお過ごしくださいませ。



≪インフォメーション≫




2019年第二章のはじまりに伝えたいメッセージとエネルギーを入れ込んだ書き下ろし作品が完成しました。詳細はこちらをご覧ください。



2019年第二章の片岡航也の講演会スケジュールはこちらをご覧ください。



2019年第二章の月のテンポ®アカデミーの詳細はこちらをご覧ください。



読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。