2019年8月 時のエネルギーのキーワードは「土台作り」。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





より自分自身の本当の声を大切に生きる事へシフトすることが重要であり、より本質的なことに視点を向けて生きることが重要である2019年。



その2019年は、2020年から始まる大激動期をどう豊かに乗り越えられるかを決めると言っても過言ではない大切な位置付けの年であり、



また、自分自身という「個」に集中して視点を置ける最終年と言っても過言ではない年となります。



そのような2019年8月の時のエネルギーのキーワードは「土台作り」といただいています。



+++++    +++++    +++++



個のテーマの完了といただいている2019年、



2月から始まった一つのサイクルが終わり、第二章がはじまった7月。



その7月の時のエネルギーのキーワードは「発展」といただいており、エネルギーが高く、上昇するタイミングでした。



そして、その「動」とも言えるエネルギーが「静」に移行するのが今月です。



今月は、本格的に始まる2019年の第二章に向けて整えて行くことが大切なポイントになります。



+++++    +++++    +++++



本格的に始まる2019年の第二章とは、私たち一人ひとりの個のテーマに関わる事柄が今まで以上に表に現れることであり、今まで以上に個のテーマに深く関わる体験をしていくということ。



よって、2019年の第二章に向けて整えるとは、



より個のテーマの完了がなされるために整えることと言い換えることもできます。



この時点で、自分自身と他の違いを違いのまま置いておけないことが、個のテーマと言っても過言ではありません。



人は人であり、自分は自分です。



自分の考えとは違っても、自分の思考とは違っても、自分の大切にしていることとは違っても、人はあなたではありません。



人と関わる中で、他を正そうとしたり、否定したりすることがもしあるとするならば、また、最適な距離がとれず葛藤することがあるとするならば、そのことがあなたの個のテーマと深く関わることかもしれません。



正そうとすることや否定することは、自分自身の正しさを強く握っていると言っても過言ではありません。その発する周波数はノイズとも言え私たちを重くしてしまうものです。



この握っている正しさは自分自身の中の正義とも言えますので、正そうとするものや否定するものは自動的に「悪」という位置づけとなります。



私たちは日常の中で、この自動的に発生する「悪」に対して「争いのコード」を発動させ、周波数を低めていることが少なくなく、個のテーマを増やしていることも少なくありません。



このループから抜け出すには、悪を正すことでも、自分の正しさを押し通すことでもなく、



自分自身が歓喜する選択を常にし続けるという意識に切り替えていくことです。



今月は、



自分自身が自動的に何を正そうとするのか、何を否定しようとするのかを注意深く観察し、その刷り込まれたパターンを掴むことを意識するひと月にしていきましょう。



その意識が、自分自身の個のテーマを完了させていく新たな土台作りとなっていきます。



今月もどうぞよろしくお願いいたします^^




(片岡慎介の一日参りにて。)



≪インフォメーション≫




2019年第二章のはじまりに伝えたいメッセージとエネルギーを入れ込んだ書き下ろし作品が完成しました。詳細はこちらをご覧ください。



2019年第二章の片岡航也の講演会スケジュールはこちらをご覧ください。



2019年第二章の月のテンポ®アカデミーの詳細はこちらをご覧ください。



読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。