2019年8月1日は「はじまりのエネルギー」が発動する新月です。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





2019年8月1日は新月。



新月の固有のエネルギー情報は「はじまり」。



お月さまは姿を通して、現在の時期、固有の情報を私たちに教えてくれています。その時期と固有の情報を理解し、その通りに行動していくことが天地自然と共鳴して生きる一つのコツです。



お月さまは私たち「ヒト」という生命体にとって、羅針盤の役割を果たしてくれているのです。




(お月さまの満ち欠けのサイクルの詳細はこちらをご覧ください。)



+++++    +++++    +++++



2月から始まった一つのサイクルが終わり、2019年の第二章がはじまった7月。



その7月の時のエネルギーのキーワードは「発展」といただいており、エネルギーが高く、上昇するタイミングでした。



そして、その「動」とも言えるエネルギーが「静」に移行するのが8月。



この8月の時のエネルギーのキーワードは「土台作り」といただいており、ここから2019年の第二章が本格的に始まると言うタイムラインになっています。



+++++    +++++    +++++



その8月に入るのと同時に新月になりますので、全てがいまここからというメッセージと捉えることができ、一人ひとりの生きる領域場がここから大きく目に見えるよう変化していくことでしょう。



そして、



"いま"というタイムラインは、多くの次元と結びが強まるゲートが開いているタイミング。



このような状況のときに大切なことは、



心にしっかり芯を持ち、根を生やすよう生きる土台を整えることです。



生きる土台を整える・・・



土台を整えるためには、自分自身がどのような世界で生きたいのか?どのように生きていきたいのか?が明確でなければ、そのことに関する土台を整えることができません。



この多くの次元と結びが強まっている"いま"というタイミングに、



過去の体験から来る無理や不可能という想いはちょっと脇に置き、自分自身が本当になりたい状態や自分自身が本当に心地よい環境を自由自在に想い描き、その状態のまま、日常の一瞬一瞬を丁寧に生きていくことがワープを体験する最短の方法です。



+++++    +++++    +++++



全体のエネルギーが「静」のリズムに入るこのタイミングが新月というこの時流も、私たちが更に自由自在になるためのプレゼントと捉えることができます。



天地自然の流れは完璧であり、私たちはこの流れの本質を理解し乗るだけで本当はよいのです。



新月はゼロポイントのタイミング。



そのゼロのタイミングに種を蒔くと、最適に実るのが宇宙の法則です。



私たちもこの宇宙の法則の一部ですので、この新月に種を蒔くと物事が最適に受け取れるようになります。



この場合の種とは「意志」。



私たちの「意志」とは目に見えませんが、この意志エネルギーは最も具現化のために必要なエネルギーです。



言い換えれば、この意志エネルギーを発動させることができる生命体は、この地球でヒトだけです。(この地球上で天の意志を受け取り創造活動が出来るのはヒトだけ。)



新月というゼロのタイミングに意志エネルギーを発動させること。



このことが創造には欠かせないのです。



その意志を最適に発動させる行動が「書く」ことです。



この書くいう行為は宣言とも言え、私たちは、自分自身の意志を新月のゼロポイントのタイミングに宣言することで意図通りに物事を形づくることができる生命体なのです。



今回の新月に宣言するポイントとしては、



①無理や不可能を脇に置き、自分自身が本当になりたい状態や自分自身が本当に心地よい環境を宣言する。

②そのことのために何をすることから始めればよいかを考え、行動することの宣言をする。




ということが最適だとメッセージをいただいております。



最後に、



「お願い事を書く」と言うより「意志を宣言する」という在り方の周波数が"いま"の時流と共鳴します。



以下、【意志が具現化する言語化のポイント】となります。


宝石赤月のテンポCD(「ZetteZ(ゼッテン)116-AS」を流すと更に効果的)を20分以上流してから書きはじめましょう。脳波を整えると、本来の願望が言語化されやすくなります。また、環境(場)を整えることにより「つながり」やすくなります。


宝石赤悩みの解決ではなく望む姿を書く。(本当の望みは何なのかを明確にする。)

(例)病気が治りますように。
→使命を全うするための最適な健康状態になった。

(例)いい仕事が見つかりますように。
→生きがいとつながる表現方法が見つかり没頭する状態となった。

(例)金銭的な不安がなくなりますように。
→お金に対する観念が最適に処理され、必要なお金が必要な時に必要な分だけいつでも使える状態となった。



宝石赤自分自身が誰かを明確にする。(生年月日、氏名、住所を書く。)

宝石赤「最適」という言語を使う。



数霊セラピーウォーター~月のエネルギーサイクルver.3,0~を書いた紙の上に置いてから飲むとより言(こと)と事(こと)が結ばれ形となりやすくなりますのでおススメです。(置く時間は1~2分で結構です。)


(実は先日更なる進化を遂げ、以前よりも効果が4倍アップしました!)



新月の言語化は、新月当日でなくても新月のサイクル内であれば通常より発動します。今回の新月のサイクルは8月1日~8月7日(一番よいタイミングは新月当日です。)



どうかこの大切なタイミングの「新月のサイクル」を豊かにお過ごしいただけたらと思います。



≪インフォメーション≫




2019年第二章のはじまりに伝えたいメッセージとエネルギーを入れ込んだ書き下ろし作品が完成しました。詳細はこちらをご覧ください。



2019年第二章の片岡航也の講演会スケジュールはこちらをご覧ください。



2019年第二章の月のテンポ®アカデミーの詳細はこちらをご覧ください。



読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。