2019年7月9日から、サポートが強く働く「上弦の月のサイクル」に入ります。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





7月9日からお月さまの満ち欠けのサイクルは、「上弦の月のサイクル」。



上弦の月のエネルギーは、「ものごとを形づくるためにサポートが強く働くエネルギー」。



この時期は、形にしたいものごとのために「行動」していくことがポイントとなります。



お月さまは姿を通して、現在の時期、固有の情報を私たちに教えてくれています。その時期と固有の情報を理解し、その通りに行動していくことが天地自然と共鳴して生きる一つの法則です。



お月さまは私たち「ヒト」という生命体にとって、羅針盤の役割を果たしてくれているのです。




(お月さまの満ち欠けのサイクルの詳細はこちらをご覧ください。)



+++++    +++++    +++++




個のテーマの完了」といただいている2019年は、



自分自身の「個」というものに視点をおき、生き方や発する周波数を変えていくための最終期間と言えるもの。




また、この地球上でヒトという生命体として存在している私たちが、本来の目的を果たしていくために数多くのことを想いだすよう設けられた大切な期間とも言えるのが2019年です。



この2019年の過ごし方が、2020年から始まる大激動期の生きる領域場を決めていくと言っても過言ではありません。



+++++    +++++    +++++



その2019年も7月3日の新月から第二章がはじまり、これから更に私たちは個のテーマの完了に向けて必要な体験をし、更に自由自在な存在になっていくためのタイムラインを生きていきます。



第二章がはじまり、エネルギーが高く、エネルギーが上昇する「発展」というキーワードの今月の上弦の月のサイクルは、



自分自身が想い描いている世界を形づくるために行動するには最適なタイミング。



そのようなタイミングですので、行動あるのみが丁度よいと言っても過言ではない期間となります。



+++++    +++++    +++++



また、形づくりたいことに対して意識し続ける、没頭し続ける、アンテナをはり続けるとメッセージとも言える情報を桁違いに多くキャッチできるのも今月の特徴。



閃きや直感的に感じるものなどをキャッチしたら、頭を通さず即行動が今回の上弦の月のサイクルでの最大のポイントと言えるかもしれません。



頭を通すと、どうしても損得に捉われたり、不安に支配されたり、今までの経験の中で選択してしまうことが少なくありません。



この上弦の月のサイクルは、ピンッと来たら、



すぐ調べる
すぐはじめる
すぐ行く
すぐに買う
すぐに申し込む
すぐに連絡を取る




など、普段以上に即行動することをおススメいたします。



今回の上弦の月のサイクルでの動き方、発する周波数、純度の高いエネルギーが、生きる領域を一気にワープさせるためにとても大きな影響を与えます。



どうぞ大切なタイミングであるこの上弦の月のサイクルを豊かにお過ごしいただけたらと思います。



≪インフォメーション≫




2019年第二章のはじまりに伝えたいメッセージとエネルギーを入れ込んだ書き下ろし作品が完成しました。詳細はこちらをご覧ください。



2019年第二章の片岡航也の講演会スケジュールはこちらをご覧ください。



2019年第二章の月のテンポ®アカデミーの詳細はこちらをご覧ください。



読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。