2019年6月3日は「はじまりのエネルギー」が発動する新月です。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





2019年6月3日は新月。



新月の固有のエネルギー情報は「はじまり」。



お月さまは姿を通して、現在の時期、固有の情報を私たちに教えてくれています。その時期と固有の情報を理解し、その通りに行動していくことが天地自然と共鳴して生きる一つのコツです。



お月さまは私たち「ヒト」という生命体にとって、羅針盤の役割を果たしてくれているのです。




(お月さまの満ち欠けのサイクルの詳細はこちらをご覧ください。)



+++++    +++++    +++++



2月から始まった一つのサイクルが今月で完了するタイミングであり、2019年の第一章の完了とも言えるのが今月。



その今月の時のエネルギーのキーワードが奇しくも「完結」。



終わりは始まり。



この終わりを丁寧に完結させていくことが、純度の高いゼロを生みだすポイントとなりますので、



今回の新月は、いつものようにはじまりを意識することも大切ですが、そのことに加えて、終わりを整えて行くということを意図することも大切なポイントです。



+++++    +++++    +++++



新月はゼロポイントのタイミング。



そのゼロポイントのタイミングに種を蒔くと実るのが早いのが宇宙の法則。



よって、新月のタイミングに私たちの意志を発動させる(種を蒔くということ)とその意志通りに形づくられやすいのです。



その意志を発動させるポイントが「書く」こと。



この書くいう行為は宣言とも言え、私たちは、自分自身の意志を新月のゼロポイントのタイミングに宣言することで、意図通りに形づくることができる生命体でもあります。



今回の新月のタイミングでの宣言は、終わりと始まりの狭間であり、個のテーマの完了の2019年の第二章を迎えるというタイムラインに入っていきますので、



今までの過去の記憶に捉われず、真っ白の状態のまま魂が喜ぶ状態はどのような状態なのかを洗いざらい書き出してみることをおススメいたします。



最後に、



「お願い事を書く」と言うより「意志を宣言する」という在り方の周波数が"いま"の時流と共鳴します。



以下、【意志が実現する新月の言語化のポイント】となります。


宝石赤月のテンポCD(「ZetteZ(ゼッテン)116-AS」を流すと更に効果的)を20分以上流してから書きはじめましょう。脳波を整えると、本来の願望が言語化されやすくなります。また、環境(場)を整えることにより「つながり」やすくなります。


宝石赤悩みの解決ではなく望む姿を書く。(本当の望みは何なのかを明確にする。)

(例)病気が治りますように。
→使命を全うするための最適な健康状態になった。

(例)いい仕事が見つかりますように。
→生きがいとつながる表現方法が見つかり没頭する状態となった。

(例)金銭的な不安がなくなりますように。
→お金に対する観念が最適に処理され、必要なお金が必要な時に必要な分だけいつでも使える状態となった。



宝石赤自分自身が誰かを明確にする。(生年月日、氏名、住所を書く。)

宝石赤「最適」という言語を使う。



数霊セラピーウォーター~月のエネルギーサイクルver.3,0~を書いた紙の上に置いてから飲むとより言(こと)と事(こと)が結ばれ形となりやすくなりますのでおススメです。(置く時間は1~2分で結構です。)





新月の言語化は、新月当日でなくても新月のサイクル内であれば通常より発動します。今回の新月のサイクルは6月3日~6月9日(一番よいタイミングは新月当日です。)



どうぞ、豊かな「新月のサイクル」をお過ごしくださいませ。



≪インフォメーション≫




数霊研究、波動カウンセリングの第一人者吉野内聖一郎」先生の最新講演会&片岡航也とのフリートークを開催させていただきます♪詳細はこちらをご覧ください。



酵素ファスティングを世に広めた第一人者であり、ホリスティックビューティーセラピストの竹下登美子さんとのコラボが緊急決定!!詳細はこちらをご覧ください。



驚異の波動値をたたき出した新時代のアロマが具現化!詳細はこちらをご覧ください。



洗濯機に入れるだけで衣類の波動値が驚異的にアップ!!新時代のランドリーパウダー「シンクロース」完成!詳細はこちらをご覧ください。



読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。