2018年12月 時のエネルギーのキーワードは「躍動」。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





2018年12月



二極化の極みと共創造というテーマの2018年の大枠の特徴は、



・それぞれの生きる領域場が増々明確になる。
・別れや出逢いの体験が少なくない。
・自分自身の特徴を活かし自立することが求められる。
・同胞とも言える本質からつながっている者との共創造が本格的に始まる。




このような大枠の特徴があることから、意図する大切なポイントは「本来の望みを具体的に形にしていく」ということです。



この2018年は、私たちの魂が本当に望むことを形にするための大切な年となります。



そして、2019年の領域場との接続が完了に向かっているいまと言うタイムラインは、2019年のテーマを強く感じるような出来事が起き始める時期でもあります。



その2019年のテーマは、「個のテーマの完了」。



2019年は私たちが本来の目的を生きるためにとても重要な位置付けの年であり、自分自身と向き合う最終章とも言える年です。



私たち自身の本当の物語の扉を開くための「鍵」を握るのが2019年です。



+++++    +++++    +++++



お月さまからいただいている2018年の12月の時のエネルギーのキーワードは「躍動」。



躍動はエネルギーの振れ幅が非常に大きいので、感情面や行動面への変化が大きく表れる時期でもあり、結果、大きく現象が変わる時期でもあります。



いまというタイムラインは、下弦の月のサイクルの記事でも書かせていただきましたが、人間関係に関しての現象が起きやすい時期でもありますので、



この躍動という変化のエネルギーの影響もあり、大きく人間関係に変化が表れることも少なくないでしょう。



+++++    +++++    +++++



また、12月22日は冬至となり、大きくエネルギーが反転するタイミングでもあります。



このタイミングで2019年の領域場への接続が概ね完了となりますので、ここからも大きな変化が表れることが少なくないでしょう。



この変化は、2019年のテーマである「個のテーマの完了」につながるものですので、注意深く現象をみることも大切な時期となります。



太陽暦(グレゴリオ暦)では、今月で2018年は終わりとなりますが、お月さまの満ち欠けの暦である旧暦では来月の1月で2018年が終了となります。



私たちは人々の集合意識の影響を多分に受けていますので、2018年の終了モードになることも少なくありませんが、来月で2018年を完了させていく意識を持ち今月を過ごすことはとても大切なことです。



最後に、今月は、エネルギーの振れ幅が大きいので、大きめの地震などが各地で起きることも少なくないかもしれません。



この辺りも十分に意識し、変化に柔軟に対応することを意識して、2019年に向けて整えていくひと月にしていきましょう。



どうぞ豊かな2018年12月をお過ごしいただけたらと想います。



今月もどうぞよろしくお願いいたします。




(片岡慎介の一日参りにて。)




≪インフォメーション≫



アイリッシュハープ奏者みつゆきさんとのコラボレーション♪詳細はこちら



お月さまからのメッセージをお伝えする片岡航也の講演会のご依頼に関してはこちら



HADO(波動)研究第一人者山梨浩利」先生の最新講演会の開催が決定!!詳細はこちらをご覧ください。



詳細はこちらをご覧ください。



片岡航也のオンラインショップがオープン!!このブログでご紹介させていただいているものが全て揃っております。こちらからお入りくださいませ。



月のテンポCD代理店ムーンメイト」に関してはこちら


読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。

片岡航也さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス