2018年9月10日は「はじまりのエネルギー」が発動する新月です。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





2018年9月10日は新月。



新月の固有のエネルギー情報は「はじまり」。



お月さまは姿を通して、現在の時期、固有の情報を私たちに教えてくれています。その時期と固有の情報を理解し、その通りに行動していくことが天地自然と共鳴して生きる一つのコツです。



お月さまは私たち「ヒト」という生命体にとって、羅針盤の役割を果たしてくれているのです。




(お月さまの満ち欠けのサイクルの詳細はこちらをご覧ください。)



+++++    +++++    +++++



二極化の極みと共創造というテーマの2018年の大枠の特徴は、



・それぞれの生きる領域場が増々明確になる。
・別れや出逢いの体験が少なくない。
・自分自身の特徴を活かし自立することが求められる。
・同胞とも言える本質からつながっている者との共創造が本格的に始まる。




このような大枠の特徴があることから、意図する大切なポイントは「具体的に物事を形にしていく」ということです。



この2018年は、私たちの魂が本当に望むことを形にするための大切な年となります。



そのような2018年の9月の時のエネルギーのキーワードは「共創」とお月さまからいただいております。



大きく全体の周波数が変わり、大きく変化の体験をした方も少なくなかったであろう8月を越えて、いま、私たちは次なる領域に行こうと進み始めている・・・そんなタイムラインです。



また、今回の「共創」というキーワードで大切なメッセージが、自分自身にある両面を使うということです。



+++++    +++++    +++++



いよいよ2018年の後半になり、以前からお伝えさせていただいているよう世の中に変化が大きく表れ始めてきました。



ただ、この表れ始めてきている変化は始まりの始まり。



お月さまからメッセージをいただいている2020年から2023年の大激動期間に向けての最終準備期間のカウントダウンが始まったとも捉えることができます。



この最終準備期間のカウントダウンとは、自分自身に対してのこととも捉えることができるとお月さまからメッセージをいただいています。



それは、自分自身が本当に喜ぶ生き方を自らがさせてあげ、自立していくための準備期間もそう長くはないということです。



何度も生まれ変わりを繰り返している私たち。



このタイムラインで伝えているお月さまからの強きメッセージは、



もう失ってから気づくことを終わりにしなければなりません。



ということです。



+++++    +++++    +++++



この2018年9月の新月のサイクルは、物事を豊かに形にしていくための流れが強力に起きるタイムラインとなります。



物事が豊かに形となることが大切な理由は、形になったときに私たちから歓喜のエネルギーが発動されるということです。



そして、「豊かに」というところも大切なポイントで、私たちの魂が震えるほど喜ぶときとは、自分も相手も世の中も全てが喜ぶときです。



私たちは自分だけが喜ぶときというのは歓喜のエネルギーは発動されず、全てが喜ぶときに歓喜のエネルギーが発動される生命体です。



そして、物事が豊かに形になるためには、私たちの軸が定まり、決めるという意志のエネルギーを発動させることです。



2018年9月のポイントの一つである自分自身にある両面を使うということを大切にし、物事を形にしていくと決めることがこのタイムラインでのポイントです。



この両面とは、



自分自身の中にある光りも闇も見定めて、受け入れるということとも言えますし、



苦手だと想っていたこと、逃げていたことへ挑戦するということとも言えますし、



今までどうしても手放せなかったプライドや自分だと思い込んでいた固定観念を一掃するということとも言えます。



+++++    +++++    +++++



最後に、



新月は、「はじまり」のエネルギーがより発動するタイミングですので、



いまお伝えしたポイントを踏まえて、宣言する(言語化する)
とよいでしょう。



以下、【意志が実現する新月の言語化のポイント】となります。


宝石赤月のテンポ®CD(「ZetteZ(ゼッテン)116-AS」を流すと更に効果的)を20分以上流してから書きはじめましょう。脳波を整えると、本来の願望が言語化されやすくなります。また、環境(場)を整えることにより「つながり」やすくなります。


宝石赤悩みの解決ではなく望む姿を書く。(本当の望みは何なのかを明確にする。)

(例)病気が治りますように。
→使命を全うするための最適な健康状態になった。

(例)いい仕事が見つかりますように。
→生きがいとつながる表現方法が見つかり没頭する状態となった。

(例)金銭的な不安がなくなりますように。
→お金に対する観念が最適に処理され、必要なお金が必要な時に必要な分だけいつでも使える状態となった。



宝石赤自分自身が誰かを明確にする。(生年月日、氏名、住所を書く。)

宝石赤「最適」という言語を使う。

宝石赤大好きなペン、大好きな色で書く。

宝石赤箇条書きにする。(2個~10個以内が形作られやすいのでおススメです。)


数霊セラピーウォーター~月のエネルギーサイクルver.2,0~を書いた紙の上に置いてから飲むとより言(こと)と事(こと)が結ばれ形となりやすくなりますのでおススメです。(置く時間は1~2分で結構です。)




新月の宣言の言語化は、新月当日でなくても新月のサイクル内であれば通常より発動します。今回の新月のサイクルは9月10日~9月16日。(一番よいタイミングは新月当日です。)


どうぞ、豊かな「新月のサイクル」をお過ごしくださいませ。



≪インフォメーション≫




(詳細はこちらをご覧ください。)



(お申込みはこちらからお願いいたします♪)



HADO(波動)研究第一人者山梨浩利」先生の最新講演会の開催が決定!!詳細はこちらをご覧ください。



片岡航也のオンラインショップがオープン!!このブログでご紹介させていただいているものが全て揃っております。こちらからお入りくださいませ。



お月さまからのメッセージをお伝えする片岡航也の講演会のご依頼に関してはこちら



月のテンポCD代理店ムーンメイト」に関してはこちら


読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。

片岡航也さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス