2018年2月8日から浄化のエネルギーが発動する「下弦の月のサイクル」に入ります。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





2月8日からお月さまは「下弦の月のサイクル」に入ります。



下弦の月のエネルギーは、



細やかに整えながら次に向かって動きだす浄化のエネルギーです。(お月さまの起承転結のエネルギーサイクルの詳細はこちら。)



+++++    +++++    +++++



1月31日の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」を越え、2018年が本格的に始まる立春を越えての下弦の月のサイクル。



この期間のテーマは、「創造に向かって手放す」とお月さまからいただいています。



2018年の始まりである今月の時のエネルギーのキーワードは「土台作り」。



2018年は、想い描いていることを具体的に形にしていくことがとても大切な年でもあります。



そのような年ですので、



地に足をつけること
土台をしっかりと作ること




ということが大切なポイントです。



私たちの日常で、



具現化される
現実になる
形になる




とは、幾重にも情報が重なった結果として起きるものです。



よって、多様な情報が織り込まれるための「土台」が極めて大切なポイントになってきます。



その土台作りで軸になるものが、自分自身の意志が最適に発動される環境の創造です。



自分自身の意志が最適に発動されるためには、自分自身が調和されていることが必要であり、自分自身が調和されるためには、本当の居心地のよさを大切にすることです。



そのためには、本当はどうしたいのか?ということに肚から向き合い、そのことをやらせてあげるために、覚悟を持って手放していくことが土台作りのポイントになるものです。



+++++    +++++    +++++



この下弦の月のサイクルで自分自身の本当の気持ちを大切にし、そのために手放すことがあるのなら一気に手放すこと。



この手放す覚悟が豊かなる実りを創る土台となります。



そして、



その土台を更に深めるための期間が、2月16日から始まる新月のサイクルです。



この下弦の月のサイクルの期間は、



純度が高く、エネルギーが高い土台を作るための大切な期間です。



この下弦の月のサイクルは2月8日から2月15日まで。



どうぞ豊かな「下弦の月のサイクル」をお過ごしくださいませ。




2018年3月3日に、多次元存在とコンタクトをとるチャネラーKaoriさんとのフリートークをさせていただきます。詳細はこちらをご覧くださいませ




著書「お月さまからのメッセージ-いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密-」のご注文はこちらからお願いいたします。



冊子「お月さまからいただいた2018年のメッセージ」の詳細はこちらをご覧ください。



片岡航也の2018年1月~3月の講演会情報はこちらをご覧ください。



お月さまからのメッセージをお伝えする片岡航也の講演会のご依頼に関してはこちら



月のテンポCD代理店ムーンメイト」に関してはこちら



縁筆メッセージの詳細はこちら


読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。

片岡航也さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス