いなげ一倫荘

 

 

みなさん、こんばんは。

いなげ一倫荘です。

 

夏の恒例行事、花火鑑賞会が今年も今開かれております。

 

今年は、幕張の花火以外にも2ヵ所で花火が見えるので全方向360℃で

お楽しみ頂く事ができております。

 

 

 

 

 

今年は、ご家族の参加も行う、入居者様とご一緒に、ご家族で鑑賞できる様に

しております。

 

 

 

軽食も御用意しておりまして、皆さん楽しまれているようで本当に良かったです。

 

 

 

 

 

今年は、花火の前の樹木が育っていたので少し心配しておりましたが、

今迄と変わらず高い花火(大きい花火)は見えたので安心しました。

 

 

ただ、低い所であがっている花火は多少見えずらくなってしまっているようです。

 

 

 

 

 

大きな花火が上がる度に、歓声が沸き上がり夏を感じて私は、今年で4回目になります。

 

 

このひと時を来年も過ごしたいと思っておりますが、どうでしょうか?

 

 

真夏の世の夢・・・とも言いますからね。

 

 

 

 

 

 

 

このブログを書いている間も大きな響く音が聞こえています。

 

 

夏と言えば、やはり「お祭り」「スイカ割」「花火」ですよね。

 

 

 

季節折々のイベントを入居者様と、そしていつもご協力して頂いているご家族の皆様と

また、かけがえのない仲間である職員と共に過ごしていけたらと思います。

 

 

 

いなげ一倫荘は、これまでも、これからも入居者様と共に過ごし、心身ともに支えられる

施設となるよう努めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※音声が流れます。ご注意ください