どうも、、マイクラの計算式が出来なくなっている介護職のトトですパー

 

 

 

海面がY64なので、128ブロック内にモンスターが出現するので

海面を0と考えた時、単純にY192の高さに待機をすれば良いという考えになります。

 

 

 

マイクラの最高高度はY256なので255(一番上はレッドストーン装置)-128で

Y127の地点が最高度から計算したスポーン範囲の中心点になります。

 

 

 

 

実際には海面の下にはY50位の海峡がある為、一枚目の写真の高さのY137でも

OKだったのですが、海面を0と考えかつ、ハードがスイッチなので、BTUがきても

処理能力的に10層作っても無理っしょってことで、基本をY180にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上差しこれがトロッコ分岐点となる中央駅です。

この写真では、本拠点から見ている写真となります。

ですので、左がジャングル、右が生成村(壊滅)に伸ばしたところで

丁度、真正面に「空中トラップタワー」を作成していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上差しこの先に作成していきます!

 

そもそも「天空トラップタワー」とは、自分を中心として128ブロック内に敵がスポーン

する習性を活かし、空中に真っ暗闇の部屋(夜や洞窟など暗闇しか敵が湧かない)を

何層か作り、一ヵ所落とし穴を作っておいて24以上の高さから落下して死んだ時に

出るアイテムをホッパー(吸引機)でチェスト(宝箱)に自動で入れるアイテム収集機です。

 

 

この他にスポナートラップなどがありますが、これはアイテム収集のスピードが並では

ないので、普段集めにくい「火薬」等を集めるのに重宝します。

 

 

 

 

 

 

人によって形や仕組みは様々で複雑なレッドストーン装置を使用するものもありますが

最初に作りたかったトラップタワーを作るのにアイテムが一個手に入らない状態だったので

練習がてら、今回は簡易式と呼ばれるものを作成します照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

上差しここが処理層ですね。

ホッパー(落とし穴)を4マスにしようか9マスにしようか迷った結果、

3×3マスで作っていきます!(なのでホッパーが9個必要)

 

 

上のままだとチェストに溜まる数が、すぐにMAXになってしまうので、もう一個下の層を

作成しホッパー付きトロッコを利用したチェスト3~4個グルグル機をとも考えていますが

スイッチのマシンパワーによりますよね…改良は後にしてこのまま作っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

一日目は、処理層と落とし穴部分10マス分までで終了しました。

一応、5マス分毎にガラスを入れていくつもりです。

 

 

 

後で、経験値トラップとしても使用できる様にしたいので高さが一発で分かる様に

その様にしています。(経験値トラップの高さが決まったら、そこは黒曜石にします)

 

 

 

 

 

 

と、久しぶりに始めたのに大がかりな装置を作成していますが、

一番楽しいのは装置を作成して上手に作動した時でしょうか?

 

 

 

 

最初の装置は・・・ゾンビスポナートラップを息子くんと作成して、うまくいかず

周りの湧きつぶしを一緒に頑張って行い、ちゃんと作動した時は二人で嬉しがった

ものです照れ

 

 

 

 

 

これが完成したら、ダイヤ装備を整えて、エンダードラゴン討伐ですねハッ

 

 

 

 

と、色々考えていると、ついにスイッチに噂のアレが来ましたね!

いつからかと、何度も延長し、ついに決定しました。

 

 

 

 

それいついては、次回でバイバイ