どうも、子育てにガンダムの名言を活用しているとすれば、

自由な発想を育てる為に「ガンプラは自由だ!!」Byメイジンカワグチ

多用している介護職のトトですパー

 

 

 

 

皆さんは、5歳だった頃の自分を少しでも良いので覚えていますか?

 

 

私は、薄っすらですが遊んでいたオモチャと、その情景を覚えています。

 

 

 

一人っ子だった私は、一人遊びが好きで自分で物語を作り、独り言を言って

遊んでいた記憶があります。

 

 

 

今となっては、息子くんにも妹ちゃんが出来ましたが、5歳離れていると

「遊び」という観点で言えば、一人っ子と同じ状態です。

(妹ちゃん相手に「一人劇場」を展開している事はありますが)

 

 

 

 

 

おもちゃで遊んでいる事もありますが、最近は「絵」を描く事に非常に熱心で

色塗りにもハマっています照れ

 

 

 

 

 

 

絵を塗り始めた当初、最初に聞かれたことがあります。

 

息子くん「〇〇は、水色だから水色で塗らなくちゃいけないんでしょ」

      だったと思います。(たぶん、これは3歳位だったかな・・・)

 

 

 

 

その時の私の返答は

 

トト「目で見える物が全てじゃないでしょ?心で見て感じた色が紫だったら

   青いお空も紫でも良いと思うよ。ほら、名人もいってるでしょ?」

 

 

トト「ガンプラは?」

 

息子くん「自由だ!!そうか、色塗りも自由で良の?」

 

トト「もちのろんだ!!」

 

 

 

今思えば、三歳児に、よくこれで通じたなぁ~というのが正直な所ですが、

その時から、原作通りの時もあれば、自由にオリジナリティを持って描く事もあります。

 

 

 

 

 

 

昔、私が聞いた話で覚えているのが小学校の時、図工の時間でひまわりの絵を

学生全員で描いたとき、一人だけ青い空にひまわりではなく、赤紫での空にピンクの

ひまわりを書いて、「お空は青いでしょ?」と先生は学生に言い、母親に「この子は

感性が人とずれていておかしいです。家庭で問題はありますか?」と質問をしたと

言うのが強烈に残っています。

 

 

 

 

 

それが、ニュースだったのかドラマだったのか、実際に私の学校で起こった

出来事なのか覚えていませんが、今は時代も変わり「個性」が重要視されると

個人的に思っています。

 

 

 

 

他人と違う事をするのは勇気がいるし、集団の方が数の力で強いですショボーン

 

 

 

ですが、一つの「個性」が大勢に感動を与えたり、新たな「個性」を生み出す

助けにもなり得ることだと思っています。

 

 

 

 

まぁ、この育児方針が合っているかは定かではありませんし、

親がそう思ってても、違う道に進みたければ子供は勝手にそちらに歩いていくでしょう。

 

 

 

 

 

 

と、そんな教育方針(トトだけですが)で育った5歳児に、結構前に買ってあげた

本があります。(もちろん、嫁様には怒られましたえーん

 

 

 

 

 

 

仮面ライダービルドのソフビが付いている雑誌ですね下差し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手の雑誌は、過去にウルトラマンギンガS(限定ビクトリーソフビ)

ジュウオウジャー等、買ってあげてます。

(なんたって限定ですよ限定!←典型的日本人)

 

 

 

 

 

 

その中の1ページに

「きみがうみだせ!!最強ライダーフォーム&フルボトルをかこう!!」

と言うのがあります。

 

 

 

 

「そのまま雑誌に書いちゃうと一回だけだから印刷してあげるよ」と

言っていて忘れていたので、嫁様がコピーしてくれたとの事で描いてたんですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カブトムシ&炎 ベストマッチフォームらしいです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字は微妙(かづとしむ)ですが、A/Bでベルトマッチできるオリジナルのフルボトル

だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ちゃんと目の所がカブトムシと炎になっていて、装着しているボトルも

赤と茶色ですニコニコ

 

 

 

しかも、カラフルOK

最初は、はみ出しまくりで色塗りを教えて、教えて、教えた結果が出てますでしょうか?

(ガンプラの塗装も、はみ出さないようにマスキングするんだから、慎重にな!!)

 

 

 

ちなみに、私個人たぶん15年前位?の趣味は絵描きでしてスケッチブックを

公園に持って行っては、色々な絵を素人ながら描きまくっていました。

 

 

 

色鉛筆での色塗りは得意な方ですが、ガンプラ塗装には全く活用されてませんアセアセ

(何故ですか?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近知りましたが、実際にカブトムシフルボトルは発売しているみたいですねぇ。

 

 

 

でも、これを書いたのも結構前なので、その時には私が知る限りでは、まだ

カブトムシフルボトルの情報は開示されていなかったので、息子くんオリジナル

のものなのは間違いありません100点

 

 

 

 

オリジナリティを育みたくて、固定概念なんてなんのその、マイロードを行く!!

という育児方針(私個人も、そんな感じで生きてますが)も、まんざら間違いじゃ

なかったのかな?

 

 

 

 

 

そんな風に思わせてくれる5歳児の成長の1ページでしたキラキラ

 

 

 

 

 

気付けば、息子くんもあと1年で小学生…刻が経つのが早すぎます。

 

 

 

 

私も年をとったなぁと感じる所はたくさんありますが、

生きる為に生きて、子供達の成長を見守りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

息子くん、娘ちゃん・・・

 

 

 

「人生も自由だ!!」

Byメイジン トト

 

 

 

人様に迷惑をかけない限り、自分の心のままに生きてくれ!

そこで他人との違う時間の流れに、自分で責任を取れるのならば!!

 

 

 

 

 

 

お父さんは、そう生きてきたバイバイ