木工事開始!! | DAIKO staff BLOG

DAIKO staff BLOG

  
1947年に東大阪で創業
大幸綜合建設株式会社です
新築、リフォーム、店舗や公共工事など
幅広い工法に対応いたします
外壁改修や水回りなど一部分の工事なども行なっています
お気軽にご相談ください


テーマ:

額田町で、工事中のDAIKO styleのモデルハウス。

無事に棟上げも終わり、構造金物や、筋交い、壁の構造用合板などが貼られていきます。

 

 

耐力壁になる構造の壁です。壁には、構造用合板を釘で打ち付けていくのですが、

耐力壁には、15㎝間隔で、専用の釘を止めていきます。

逆に耐力壁でない壁は通常の釘を使います。

構造計算によって、耐力壁がバランスよく配置されているので、

仮にすべて耐力壁用の釘で構造用合板を止めると、構造のバランスが悪くなります。

 

 

あと、気密性能を高めるために、構造用合板を貼る際に、柱と梁に気密のパッキン材を貼ってから、

柱梁に構造用合板を貼ります。

こうすることで、柱梁と構造用合板との隙間がなくなり、気密性が高まります。

 

筋交が構造用の筋交金物で固定されています。

ホールダウン金物または引き寄せ金物とも言います。

木造軸組工法の建物で使用する、補強金物のひとつです。

この金物は、地震時や台風時に柱が土台や梁から抜けるのを防ぐために必要不可欠な金物です。

 

これらの筋交いや、耐力壁、補強金物の取付工事を進めていきます。

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

 

 

東大阪市の大幸綜合建設のHP はこちら