介護施設の増築工事 vol.9 | DAIKO staff BLOG

DAIKO staff BLOG

  
1947年に東大阪で創業
大幸綜合建設株式会社です
新築、リフォーム、店舗や公共工事など
幅広い工法に対応いたします
外壁改修や水回りなど一部分の工事なども行なっています
お気軽にご相談ください


テーマ:

こんにちは!

 

久々に介護施設の増築工事の進捗状況をお伝えします。

年末年始も作業をしていたので、かなり進みました。

今回の工事は、既存棟と増築部分を接合させて一つの建物に仕上げます。

 

正式には、「Exp.J.」(エキスパンションジョイント)で繋げます。

分かれて建つ構造躯体に、それぞれ異なる動きが発生しても、それに追従し、吸収する働きです。躯体の動きには、地震時の変形や、温度変化による伸縮、強風時の動きなどが挙げられます。

既存棟と増築部分では、異なる構造体を一体化するのが、「Exp.J.」です。

 

今年に入り、既存のお風呂やトイレを潰して増築部分の廊下として

繋げる作業をしています。

既存棟と増築部分の所です。既存部分の壁が見えてますね。

耐火被覆として吹付ロックウールを使用しています。

耐火被覆は、おおまかに「セメント系」の材料が該当します。要するにセメント系の材料は燃えません。耐火被覆の材料は「不燃である」ことが大前提です。

構造部材に耐火被覆する目的は、「建物の倒壊防止」です。

 

※吹付ロックウールとは(セメント+ロックウールを配合したもの)

 

増築部分にも、耐火リストに基づいて至るところに耐火被覆が盛り込まれています。

 

これは、エレベーターになる部分です。

介護施設にエレベーターは欠かせないですね。

 

今回の工事は、既存棟を使用しながらの作業ですので

分電盤や、配管がそのままです。

音や振動も最小限には抑えていますが、無音にすることは出来ず

施主様にはご迷惑をお掛けしています。

 

外観のサイディングも決まり、素材の違うサイディングが

活きてきます。

今は、傷防止シートで覆っていますので出来上がりが楽しみです。

 

今日はここまでとします。

 

また進捗状況をお伝えします。

 

総務部便りでした♪

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

 

 

大幸綜合建設のHP はこちら

DAIKO staffさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります