介護施設の増築工事 vol.7 | DAIKO staff BLOG

DAIKO staff BLOG

  
1947年に東大阪で創業
大幸綜合建設株式会社です
新築、リフォーム、店舗や公共工事など
幅広い工法に対応いたします
外壁改修や水回りなど一部分の工事なども行なっています
お気軽にご相談ください


テーマ:

こんにちは!

 

介護施設の増築工事の進捗状況です。昨日から、鉄骨建方をしています。

鉄骨建方は、資材・部材の搬入から始まり、
柱を建て、梁を繋いでいくというのが、鉄骨建方の概略になります

アルファベットのKに似てることから「Kフレーム」と言います。

社内でKフレームの言葉を聞いてはいましたが実際の物を見るのは始めてでした。

 

クレーンで、H鋼を吊り上げ、ボルト等で留めていきます。

鉄骨下まわり作業のメインは「玉掛け」作業になります。
玉掛けとはクレーンなどで吊りあげるために荷にワイヤーを掛ける作業の事を言い、

一見、簡単そうに思えるこの作業だが、実は鉄骨建方では最も危険で難しい作業です。
それは鉄骨の大きさや形によって吊り方や、吊った後の荷の角度にまで、

気を配らないと大事故になる可能性があります。

この下まわり作業を最高指揮者が行うことが多いそうです。

それだけ重要なんですね。

 

吊り上げられたH鋼を取付るのが鳶職人さんです。

高い場所に取り付けられた鉄骨の上をサクサクと歩く姿はカッコイイですね。

安全に作業していただく事を願うばかりです。

更地の状態からすると、建物らしくなってきました。

本日はここまでとします。

 

明日も、引き続き建方です。

 

総務部便りでした♪

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

 

 

大幸綜合建設のHP はこちら

DAIKO staffさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります