まだまだ台風21号の被害対応中です。 | DAIKO staff BLOG

DAIKO staff BLOG

  
1947年に東大阪で創業
大幸綜合建設株式会社です
新築、リフォーム、店舗や公共工事など
幅広い工法に対応いたします
外壁改修や水回りなど一部分の工事なども行なっています
お気軽にご相談ください


テーマ:

台風21号の被害対応にまだまだ追われております。
今日は瓦が台風によって飛んでいってしまい、雨漏れをしているお宅です。


かなり屋根の勾配があります。45度、いわゆる金勾配です。通常なら絶対に足場がないと作業どころか屋根の上を歩くことすら出来ません。


今回はたまたま、お隣の屋根が接近していて、お隣の屋根のある側が瓦がめくれていたので、お隣の屋根の上に足を掛けさせて頂いての作業となりました。


脚立を屋根な添わしてハシゴがわりにして瓦の応急処置です。


このように、めくれた瓦の代わりとして、屋根用の防水紙、アスファルトルーフィングをめくれた瓦の上の段の瓦の下に差し込みます。
これで応急処置は完了。雨漏りも止まると思います。

しかし、問題は瓦の修理です。この瓦は、モニエル瓦というもので、残念ながら現在は製造されておらず、メーカーも撤退してしまっています。

事情は、お施主さんもご存知で、今回は屋根の葺き替えを希望されています。

ただ、今回の台風21号の及ぼした被害はとてつもなく、弊社でもようやく受け付けた被害総数を把握できましたが、現段階で120件、瓦屋根の案件だけでも50件近く、あとはカラーベスト屋根などの棟包みや樋などの板金工事、波板、テラス屋根などの被害、ガラスなどの割れ、アンテナなどの復旧、塀やフェンスなどのエクステリア、はたまた被害が大きく建物の解体をする物件など、かなり多岐にわたる業種が、台風被害の対応に追われております。

台風から二週間以上経ちましたが、まだまだ毎日、お問い合わせを頂いております。

なかなかすぐに対応ができず、被害にあわれたお施主さまには大変歯がゆい思いをされていることかと思いますが、今しばしお待ち頂きますようお願い申し上げます。











 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

 

 

大幸綜合建設のHP はこちら

DAIKO staffさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります