耐震断熱同時改修。気密の下準備。 | DAIKO staff BLOG

DAIKO staff BLOG

  
1947年に東大阪で創業
大幸綜合建設株式会社です
新築、リフォーム、店舗や公共工事など
幅広い工法に対応いたします
外壁改修や水回りなど一部分の工事なども行なっています
お気軽にご相談ください


耐震断熱同時改修。
気密の下準備ということで、
こちらの写真の緑色の透明のシートがありますが、
これがその下準備です。


これは、気密施工をするときに使うシートです。
正しくは防湿フィルムなんですが、防湿効果を持たすと同時に、気密も取れるという一石二鳥な部材です。

なぜ、防湿フィルムがいるかというと、室内の水蒸気つまり空気中に含まれた水分、湿気が壁体内に流入するのを防ぎます。

この防湿フィルムを貼った部分を防湿層と呼んでいますが、防湿層がなければ、湿気は壁体内へ流入し壁内結露を起こす可能性が高くなり、それにより、壁内に充填されたグラスウールにカビが生え、衛生的にも健康的にもよくありません。また断熱材の性能を発揮するためにも湿気の流入は防ぐ必要があります。

さらに防湿フィルムは、気密層にもなります。
湿気を流入させないために隙間なく防湿フィルムを貼ることで、室内との隙間をおのずと塞ぐことになります。防湿フィルムで気密シートを兼ねている事になります。

このシートで、気密を取ることをシート気密と呼んでいるのですが、これに対して、外側の構造用面材を貼る際に気密パッキンを用い、株の外側で気密をとるボード気密という工法もあります。

大幸綜合建設では、気密施工にはシート気密という工法を採用しています。


今回は、大規模なリフォーム工事という事で、床を支える大引や根太もやりかえるのですが、

大引を受ける大引掛けを壁に設置する前に、この防湿フィルムを前もって貼っておいてから、大引掛けを設置しています。

これを先ばりシートというのですが、
先に貼っておかないと、後からでは大引き掛けと、壁面に隙間ができてしまい、気密を担保できないどころか、壁面の下部の気流止めをできない事から、断熱材を充填した壁体内へ空気の流入が起こり、断熱材の性能を発揮できなくなってしまいます。


気流止めを正しく施工していないと、せっかく家の中を暖房で暖めても、暖かい空気は軽く上へ上へと上がっていくため、

断熱層のある壁体内でも、暖かい空気が上へ抜けていくため、床下から冷たい空気を引っ張ってしまいます。これではいくら暖めても暖かくなりません。

という事で、気流止めは高断熱住宅を施工する上で基本中の基本、生命線といっても過言ではないくらい大事な施工と言えます。

というわけで、この下準備といった、先ばりシートによる気流止め、そしてこの先ばりシートを後々壁に断熱材を充填した後のシートと連結する事で、正しい気密層ができることになります。


 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

 

 

大幸綜合建設のHP はこちら

DAIKO staffさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります