佐倉さんとお母さん/愛の劇場『砂時計』/雑記 | とある女の気ままな生活〜朝ドラ視聴感想したり、お出かけしたり〜

テーマ:
「人の善意は信じないけど、信じているやつはけっこう好きだったりする」
「俺は人前で泣く女はきらいだ」
「けど、何かを忘れるための涙ならわるくはないと思う」
「泣きたきゃ泣いたっていいんだぞ。見ててやっから」
「ほら、よく言うだろ。どんなつらいこともいつかは過去にかわるって」

53話で佐倉さんがお母さんについて
すぐ人のせいにして
あやまって
と話してそれに美和子さんの「杏のせいよ」「ごめんね」シンクロ

ただ決定的な違いがある

佐倉さんのお母さんは生きているけど
杏のお母さん・美和子さんは亡くなっている…

佐倉さんのお母さんはよく
死ぬー
と泣き叫んでいたらしいが
それが発散になっていたんだなー(毎度振り回される家族はたまったもんじゃないけど)

美和子さんは絵馬持ってふらーと出ていき
川の前でぼー
絵馬は土手に
だから川に身投げでもしたのか?と思ったら
大量の睡眠薬を飲んで山で発見(ただし直接そのシーンはなし)

何かを忘れるためなら泣いていいと言っていた佐倉さん
その裏には泣いてもまた同じことを繰り返すお母さんの存在があったんだなあ

砂時計 BOXI/佐藤めぐみ

¥15,237
Amazon.co.jp

砂時計 BOX 2/須賀貴匡

「『砂時計』思い出を砂に集めて――
14年にわたる究極の愛・・・。大人気昼ドラのクライマックスを徹底分析。
佐藤めぐみ×竹財輝之助の純愛対談付き。 」
TV Japan (テレビジャパン) 関東版 2007年 06月号 [雑誌]
TV Japan (テレビジャパン) 中部版 2007年 06月号 [雑誌]
TV Japan (テレビジャパン) 関西版 2007年 06月号 [雑誌]

鉱泉@尾張(愛知県)より視聴感想中さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス