番外 非常に残念な結末で廃車となった車も見られています、産交バス「ひとよし号」廃止後専用車の現状 | コウさんのコウ通大百科 PART3

コウさんのコウ通大百科 PART3

在住する九州を中心に、鉄道・バスを中心としました記事を毎日更新しております。
(平成24年1月〜平成30年3月の記事はPART2の内容です)

 

 当ブログでもこれまでもご紹介しておりますように、産交バスが運行しておりました熊本~人吉線「ひとよし号」は、今年7月に廃止されまして、間もなく5ヶ月になろうとしております。

 

 この「ひとよし号」は、平成26年9月30日に一度廃止されておりましたが、平成31年4月より運行本数は1往復ながらも運行されるに至っておりまして、上の画像の4列シートの三菱エアロバス(熊本22か32-91、KC-MS829P)や、3列シートの日野セレガ(熊本22か31-12)が産交バス人吉営業所に転属の上でこの路線に使用されておりました。

 

 この運行形態では、「ひとよし号」1往復に加えまして、熊本市内~熊本空港間の「熊本空港リムジンバス」としても運用に入っておりまして、画像のように活躍する姿も見られておりました。しかも、時には3列シートも運用に入る事もありましたので、もしもその場合では乗り得でもあったのではないかとも思います。

 

 

 しかし、元々から利用者が少なかった事もありまして、6月に廃止となる事が決まっておりましたが、ご紹介しておりますように、「令和2年7月豪雨」によりまして、運行を担当しておりました産交バス人吉営業所(人吉産交)が水没する車両まで発生するほどの被害を受けておりまして、この中には専用車でありました三菱エアロバスや日野セレガも被害を受けていた事もありまして災害以降は運休となりまして、そしてそのまま運行は終了、専用車両も残念ながら廃車へと至ってしまいました。

 

 (人吉インターバス停に掲示の廃止案内)

 

 

 さて、今回ご紹介しますのは、当ブログでも番外でもご紹介しました「ひとよし号」専用車の乗車時の模様の一部を改めましてご紹介するとともに、今回訪問しました人吉産交で専用車も収める事ができておりましたので、併せて皆様にご紹介してまいります。

 

 

 この時は、当時の熊本交通センターから益城間で乗車を行っておりました。と言いますのも、益城バス停が乗り降り可能であった事や、次の停車地が人吉インターバス停でもありましたので、行程上ここで下車しないと福岡方面に戻る事ができない事から益城バス停で下車するに至っておりました。

 

 

 この時は、4列シート車の三菱エアロバスであります、熊本22か32-91に乗車しておりました。この車は、平成11年に他の3台とともに導入されたうちの1台でありまして、床下トランクのドアが自動化された車でありました。今回乗車時は、熊本交通センターで私を含めまして3名でありましたが、最終的(益城インター口まで)には7名の乗車があっておりまして、さすがに多く利用するとまでは至りませんでした。

 

 

 そして、30数分で最初の降車バス停であります、益城町の益城バス停に到着しました。この益城バス停と言いますと、去る平成28年の「熊本地震」ではバス停付近が崩壊しまして、その結果この益城バス停も約1年間は休止しておりましたが、画像のように復旧が進んだ事もありまして、「ひとよし号」を含め他の高速路線バスの停車も行っておりまして、周辺はきれいな姿が見られております(但し、下り線の場合階段途中から古さも感じさせられます)。

 

 (下り待合室)

 

 

 (奥には熊本方面バス停)

 

 (鹿児島方)

 

 (熊本・福岡方)

 

 

 さて、こちらの画像は、今回訪問時の「人吉産交」こと産交バス人吉営業所であります。詳しくは後日改めましてご紹介しますが、「令和2年7月豪雨」ではこの人吉産交も浸水する被害が見られておりましたし、裏手にあります車庫も多くが水没してしまいまして、そのまま走行不能→廃車となりました車が多く見られるに至っておりました。

 

 

 この訪問時にも、人吉産交には専用車でありました2台が駐車しておりました。しかし、画像からもわかりますようにナンバープレートは取られておりますし、方向幕も抜かれておりましたし、車体には浸水して走行不能となった事をを表すものが記載されておりまして、本社があります熊本へは運ばずにこの地で全うしてしまっていた事が伺わせておりました。

 

 (熊本22か32-91であった車)

 

 一方、相方の元熊本22か31-12も、八代営業所から応援に来ております路線車でもあります熊本200か・686(日野U-RJ3HJAA)の後ろに見られておりまして、「ひとよし号」専用車であった車が揃って人吉産交に見られている事がわかります。こちらに関しましても、ナンバープレート・方向幕と取られておりまして、上の元32-91とともに、今後ここからレッカーを使いまして処分する場所へと移動する事にもなるようでもあります。

 

 ちなみに、日野セレガと言いますと、NO.2375でもご紹介しましたように、このほど一気に日野セレガ高速車が廃車へと至っております。その1台にこの31-12も含まれておりますが、他の車に関しましては、各路線が「新型コロナウイルス」によります減便・運休もありまして姿を消すに至っておりましたが、この31-12に関しましては廃止に加えまして水没にもよる訳でもありますので、ダブルで複雑な思いをしまして姿を消すに至っていたと思いますと正直残念かなとも思う所でもあります。

 

 

 所で、前回NO.2411でもご紹介しましたくま川鉄道人吉温泉駅でも「ひとよし号」に関しました記載がなされておりました。よく見ますと、免許センターに免許を取得するために「ひとよし号」に利用されていた方もいらっしゃったようでもありまして、利用者は少なかれども様々な方が利用されていた事も伺える所でもあった事を伺わせておりました。

 

 (「ひとよし号」案内)~階段の所にありました

 

 

 今回は非常に残念な結末となりました「ひとよし号」に関しまして、水没しました専用車両の今に関しましても併せましてご紹介しましたが、何と言いましても最後の月にありました災害によりまして廃止日まで運休となった事や、専用車両も水没となってしまった事が非常に残念な結末へと至ってしまった要因でもなかったかと思っております。私自身も、実際に足を運びまして専用車の現状を知る事ができてもいた訳でもありましたが、正直廃車へと至ってしまった結果が結果でもありましたので、正直悲しい所でもあったようにも思ってなりません。とにかく、これら車に関しましてお疲れさんと言いたいとも思います。