番外 「さっしー」も後ろで見られていた、大分交通元「大分観光ラッピング」の西工S型架装高速車紹介 | コウさんのコウ通大百科 PART3

コウさんのコウ通大百科 PART3

在住する九州を中心に、鉄道・バスを中心としました記事を毎日更新しております。
(平成24年1月〜平成30年3月の記事はPART2の内容です)

 
 これまでもご紹介しておりますように、大分県内の事業者では、現在も西日本車体(西工)S型架装車の高速車を見る事ができておりまして、九州内では他の県の事業者では見られなくなっている事もありまして、貴重な姿を見せております。
 
 この背景には、各社近年純正車両を多く導入していた事もありまして、その分見られなくなってしまっているのが現状でもありまして、数年前までは三菱ふそう以外にも日野自動車・日産ディーゼル(西鉄バスの亀の井バス委託車両)も見られていたほどでもありましたが、既に大分県内の事業者からは日産ディーゼル・日野自動車は姿を消しておりまして、現在は三菱ふそうのみとなってしまっております。
 
 しかも、今年に入りましても運用離脱・廃車が進んでおりまして、以下画像の平成12年式の車両であります大分交通の車両(大分200か・・47、KL-MS86MP)が廃車になりましたし、さらに大分バスでも42162(KL-MS86MP)が廃車となったそうでありまして、現在は大分バスの42162の相方でもあります上の画像1・2の「うみたまご」ラッピングを施しております42161(KL-MS86MP)が大分県事業者の唯一の高速車と言う事にもなりました。
 
 (大分交通、大分200か・・47)
 
 (大分バス、42162)
 
 
 さて、大分バスの42161が唯一の西工S型架装の高速車と先ほど述べておりましたが、実は大分交通のこれからご紹介します車が定期運用をこのほど離脱していたためでもありまして、この結果大分交通からは高速車の西工S型架装車は姿を消しております。今回はこの車に関しまして、最も輝いておりましたラッピング時代の姿も併せまして皆様にご紹介してまいります。
 
 
 その車が、大分200か・189(KL-MS86MP)でありまして、平成16年式、大分~福岡線「とよのくに号」に使用するために3列シート車でもあったのも特徴でもありまして、この車が大分交通では最後に導入されました西工S型架装車でもありました。
 
 
 そんなこの車では、「大分市観光大使」を務められております、大分市出身の元HKT48でタレントでもあります指原莉乃さんや、大分市高崎山のキャラクターでもあります「たかもん」が見られておりました「大分観光ラッピング」がこの車でかつて見られておりまして、「とよのくに号」専用車(大分200か・189、三菱KL-MS86MP)の1台で施されておりまして、福岡~大分間を運行されておりました。
イメージ 2

 

 

 この車に施されておりましたデザインは、以下画像の指原さんが写っているポスターのラッピングバス版でもありまして、その下の画像にあります車体画像を見ましてもかなりカラフルでありまして、ポスター自体もカラフルではありましたが、それ以上にこのラッピングバスもカラフルになっていたのが大きな特徴でもありました。

イメージ 1

 

 (非公式側)
イメージ 3

 

 (公式側)
イメージ 4

 

 

 このデザインの中に描かれておりましたのは、ポスターにも見られておりました高崎山のPRキャラクターであります「たかもん」でありますが、よく見ますと公式側・非公式側とで表情が違っていた事が見ていてわかるのではないかと思います。
 
 (公式側)
イメージ 5
 
 (非公式側)
イメージ 6
 
 

 さらに、窓上部には大分市の名物や観光地、さらに食材など大分市に関しました事が表示されておりまして、実際に以下の表のように10通り見られておりました。

 

  【公式側】  

 高崎山・大深度地熱温泉(大分市内に30数箇所あるとのことです)・うみたまご・大分トリニータ・大友宗麟(大分を代表するキリシタン大名、その名が由来の高速路線バスもあり)

イメージ 7

 

 【非公式側】

  とり天・関アジ関さば・大分ふぐ・だんご汁(郷土料理)・りゅうきゅう(郷土料理)イメージ 8

 

 

 そして、後部には「大分市観光大使」を務められております指原莉乃さんが中央に大きく描かれておりまして、見てみましても大変目立つ位置に描かれていた事が見ていてわかるのではないかと思います。やはり車の後ろにこう言った姿がありますと、後ろのドライバーの方も驚かれる方もいらっしゃっていたのではないかと思います・・・。
イメージ 9

 

 (アップ画像)
イメージ 10

 

 

 この時の撮影では、撮影しました大分交通新川バスセンターを出ましても先の信号で写メを撮られている方もいらっしゃいましたし、この撮影以前に福岡で目撃した際も同様に写メを撮られている方もいらっしゃるなど、この関心度は非常に高かったようであります。やはり見ていてもこのラッピング自体が目立っていた事を思えばわからなくはなかったでしょうか。

 

 

 その後、このラッピングは平成27年まで施されておりまして、この間「とよのくに号」で運行されておりましたが、この年運行を開始しました別府・大分~宮崎線「パシフィックライナー」に転用されまして、活躍の範囲は大分自動車道から東九州自動車道に変わりました。尚、以下画像は小倉駅で撮影していたものでありましたが、この時は現在撤退しております、同じく東九州自動車道路線でもあります、大分・別府~北九州線「ゆのくに号」の訓練運転時の模様でもあります。
 
 こちらが、「パシフィックライナー」に関しましたラッピングを施しました同車であります。画像のように公式側・非公式側中央にラッピングが見られております。やはり、「大分観光ラッピング」の頃からしますとラッピング範囲も狭い訳でもありますが、それでも再びラッピングが見られていた事がわかるような姿ではなかったでしょうか。
 
 
 その後、上の画像のラッピングも解除されまして、「パシフィックライナー」以外にも佐伯~大分空港線「佐臼ライナー」にも使用されまして運行されておりました。けれども、3列シートの運行区間が限られていくにしたがって活躍範囲も狭くなりまして、予備車扱いとなっておりました。
 
 
 そして、このほどこの車は定期運用を離脱しまして、これによりまして大分交通の西工S型架装高速車も姿を消すに至っております。したがって、冒頭ご紹介しましたように大分県内事業者の西工S型架装車は画像1・画像2にもあります大分バスの42161のみとなっておりまして、今後はさらに「とよのくに号」も減便が予定されておりますので、より活躍の機会も減る事になるのではないかと思います。
 
 
 今回は、大分交通に所有しておりました西工S型架装車に関しましてご紹介しましたが、過去にはご紹介しました「大分観光ラッピング」も見られていた訳ですので、正直懐かしいなとも思いましたし、目立っていたなとも思ったほどでもありました。しかも、リアには大分出身で人気の「さっしー」も見られていた訳でもありますので、より懐かしいなとも思う所でもありましたでしょうか。本当に、大分バスから西工S型架装高速車がいなくなった事は残念ですし、大分県内事業者もこのタイプが1台しか稼働していないと言うのも残念かと思いますが、とにかくお疲れさんと言いたいと思います。