番外 「おんなのみやこ」ではなく「めのと」入口に存在、長崎県営バス長与営業所平成25年訪問の記録 | コウさんのコウ通大百科 PART3

コウさんのコウ通大百科 PART3

在住する九州を中心に、鉄道・バスを中心としました記事を毎日更新しております。
(平成24年1月〜平成30年3月の記事はPART2の内容です)

 
 長崎自動車(長崎バス)・長崎県営バスを利用されている方は特にご存知の方もいらっしゃるのではないかと思いますが、長崎市内には「女の都」と呼ばれる地区が存在しておりまして、路線バスを利用されますと「女の都団地」と呼ばれる方面へのバスが運行されておりまして、本数も多い本数にて運行されております。
 
 この「女の都」は、実際は「おんなのみやこ」ではなく「めのと」と呼ばれておりますが、私がこの地名を知ったのが、かつて関西の放送局で現在も放送されております人気深夜トバラエティ番組におきましてこの「おんなのみやこ」を取り上げられておりまして、リポーター(実際は別の呼び名です)がこの地を大阪から夜行バスを使って訪れまして、「おんなのみやこ」ではなく「めのと」と言う事がわかったと言った内容でありましたが、私自身もこれでこういった地名があった事を私も知ったほどでしたので、大変印象に残っております。

 

 
 その10数年後の平成25年に、私自身も念願でもありましたこの地を訪れておりましたが、私はその際に長崎市内から画像にあります「女の都入口(おんなのみやこいりぐち、もとい、めのといりぐち)」バス停で下車しましたが、やはり漢字を読みましても「おんなのみやこ」と思ってしまう所が悲しい所ではありました・・・。
 
 (バス停)
イメージ 6
 
 (バス行先)
イメージ 7
 
 
 さて、今回ご紹介しますのは、その平成25年に訪問しておりました「女の都入口」バス停の所には、実は長崎県営バスの長与営業所が存在しております。今回はその当時に所属・撮影しておりました車の姿を皆様にご紹介してまいります。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 今回ご紹介します長与営業所は、西彼杵郡長与町に存在しておりますが、この周辺はちょうど長崎市との境目に当たる場所でもありまして、この営業所から100メートル前後進んだだけで女の都地区もあります長崎市になるような場所でもあります。
 
 この営業所からは、長崎駅や県庁前・中央橋方面などの長崎市内へ向けての路線バスが運行されている他、この営業所所属車の中にはスクールバス専用車や貸切車も存在しておりますので、上の画像にもありますように赤一色の路線車のほかにも貸切・高速塗装の車も見る事もできる営業所でもあります。

 

 

 実際に、この塗装の車も見られておりまして、画像の東京空港交通からの移籍車でありました日産ディーゼルスペースアロー(2K56・KC-RA531RBM)もこの営業所に所属しておりまして、撮影時にはスクール運用として運行されておりました。現在は、さらに大村ボートの送迎運用にも入る事もありますが、相方2K57に関しましては、以前は2K56と同様スクール・大村ボート送迎などで見られておりましたが、現在は長崎営業所に所属の上で長崎~佐世保線で見る事ができております。
イメージ 3
 
 (相方の長崎営業所所属、2K57)

 

 

 こちらは、横浜市交通局(横浜市営バス)からの移籍車であります三菱エアロスター(1E61・KC-MP717K)であります。この時は敷地外からでありましたのでリアのみのご紹介でありましたが、このように移籍車の姿もこの撮影時には長与営業所でも見られていた事もお分かりいただけるのではないでしょうか。
イメージ 4

 

 

 また、この当時長崎県営バスでは一度廃車登録されておりました日野ブルーリボン(左側、5A15・U-HT2MMAA)も複数台見られておりまして、長与営業所所属車でも見られておりました。この車は、元々は長崎22か26-02を登録しておりましたが、その後廃車登録されたものの再登録されておりまして、再び活躍の姿が見られておりました。本当に、奇跡的であったのではないかと思いますし、また新たなナンバーを登録して営業所にいる姿は、本当に良かったのではないかとも思う所ではなかったかと思います。尚、この車はその2年後の平成27年に廃車となっておりまして、今度は復活の姿は見られませんでした。
イメージ 5

 

 

 そして、「女の都入口」の行先を出しておりましたこの車(8E17・三菱KC-MP618M)も長与営業所所属車でもあります。この車は、画像からもわかりますように西日本車体(西工)58MCB-Iボディ、画像からはわかりにくいですが中乗り車となっておりますし、丸目4灯の姿が印象的でもあります。この車は、現在もこの長与営業所所属で運行されておりまして、全体的に数が少なくなっております西工58MC架装車ではありますが、まだまだ健在の姿を見せております。
イメージ 8

 

 

 今回は「おんなのみやこ」ではなく、「めのと」入口バス停の所にあります長崎県営バス長与営業所に平成25年撮影時の姿をご紹介しましたが、現在の所属車も上の画像の8E17の導入年の平成8年式の車が最古参となっておりまして、今後新しい車に置き換えが進む事になるようでもあります。それにしても、そういった地名の場所にこう言った所がある訳ですが、「入口」からもわかりますように、実際の「女の都」こと「めのと」はこの営業所からまだ上にありまして、住宅地となっております。ご覧の皆様もご存知でなかった方は、これで存じていただければとも思っております。

イメージ 1

 

 (注)撮影画像は敷地外より撮影を行っております。