番外 西鉄バスの久留米地区でかつて存在していました、特急用の車両によります系統番号付きの路線バス | コウさんのコウ通大百科 PART3
新型コロナウイルスに関する情報について

コウさんのコウ通大百科 PART3

在住する九州を中心に、鉄道・バスを中心としました記事を毎日更新しておりますのでどうぞご覧下さい。
(尚、平成24年1月〜平成30年3月の記事はPART2の内容です)

 
 現在西鉄バスでは、高速バス用車両を使用しました系統番号付きの路線バスが博多バスターミナル~甘木営業所間の「400番」で見られておりまして、これらは、この路線に使用されております上の画像のいすゞガーラ(1462・2TG-RU1ASDJ)や、いすゞエルガ・日野ブルーリボンIIで見る事ができております。
 
 これは、博多バスターミナル~太宰府間を運行します「太宰府ライナー旅人」の間合いで運行されているものでありまして、これら車の所属が甘木営業所でもありますので、そういった事もありまして運行されております。尚、今年に入りましてからは画像のように「ハーモニー塗装」の車両も登場しておりまして、この場合には画像にありますように、「EXPRESSWAY BUS」ではなく「旅人」の表示が見らえるようになっております(詳しくは後日改めてご紹介します)。
 
 また、この専用車でありますいすゞガーラの場合には、USBポートまで装備されておりまして、まさに西鉄の路線バスの中では特に豪華な分類にも入るのではないかとも思います。やはり、元々が「太宰府ライナー旅人」専用車としての意識が高い訳ではありますが、所属が甘木営業所でもありますので、そういった「400番」に入るのもわからなくはないのではないかとも思う所でもありましょうか。
 
 
 さて、西鉄バスの久留米地区には、かつて「400番」と同様に高速・特急用車両を使用しました「系統番号付きの路線バス」が3系統運行されておりました。今回は、このうちの1系統は収めておりましたのでご紹介させていただきますが、あとの2系統は文章のみとさせていただきます。
 
 
 1つ目は、「20番」系統の久留米~吉井(現久留米市吉井町)線でありまして、JR久留米駅から西鉄久留米・善導寺などを経由して、吉井まで運行されておりました。
 
 2つ目は、現在は廃止されております「32番」系統、久留米~八女・山鹿線でありまして、同じくJR久留米駅から、国道3号線・八女を経由しまして、山鹿まで運行されておりました。
 
 これら2路線は、いずれも元々高速バスを運行していた事もある路線でもありましたが、結局全ての路線は廃止されておりまして、その後それら系統の路線バスのみが特急車でも使用されておりましたが、このうち西鉄バス久留米の路線として現在も存在します吉井・八女までの路線が一般路線車に変更される事になりましたが、山鹿線に至りましては、路線自体が残念ながら廃止に追い込まれておりますし、番外でもご紹介しましたように、昨年11月からは久留米~山鹿線「山鹿探訪エクスプレス」も運行されておりますが、現在は「新型コロナウイルス」の影響で運休となっております。
 
 (吉井支社、「20番」系統、6243・日産デPKG-RA274MAN)
 
 (八女支社、「31番」系統、5892・日産デKL-UA452MAN)
 
 
 そして3つ目が、これからご紹介します「45番」系統の「江見線」と呼ばれます、佐賀~江見~久留米間の系統であります。
 
 この江見線は、佐賀~江見~久留米間の系統でありまして、同じく佐賀~久留米間を運行します神埼線(佐賀~神埼~目達原~久留米間)よりも利用者が少ない事もありまして一時廃止まで噂されていた路線でもありましたが、平成23年のダイヤ改正に伴いまして「江見特急」は廃止されておりまして、高速用車両による運行自体がなくなってしまっております。また、平成23年のダイヤ改正までは西鉄バス佐賀の管理委託となっておりましたが、以降は西鉄バス佐賀の直営路線として運行を行っております。

 現在は、上の画像・以下画像のように中型車両(2262・いすゞPA-LR234J2改)が使用されておりまして、後述の大型車両と比べますと細かくなってしまっておりますが、それでも画像のように運行されている姿が見られております。
 
 
 また、中型車両運行以前は、画像のように大型の一般路線車両(画像は1103、いすゞKC-LV380N)で運行されておりまして、実際に「45番」系統内におきまして見られておりました。
 
 (画像は西鉄バス佐賀直営移管後)
 
 (側面行先)
 
 
 そして、ご紹介しておりますように、この「45番」系統では、かつては画像のように高速・特急バス車両を使用しまして、久留米→佐賀間の片道1本におきまして運行されておりました。
 
 実際に、上の画像・以下画像は平成20年撮影の西鉄バスの佐賀~江見~久留米線でありましたが、この車(8934・U-RU2FTAB)にて「45番」系統として運行されている事がお分かりいただけるのではないかとも思いますが、特急と同じく江見・原の町などを経由する運用でありまして、この特急車を使用するのは久留米→佐賀間の朝の1本のみの運行でもありまして、特急バスの間合いでこの「45番」系統が運行されていた事が伺わせておりました。
 
 
 こちらは、本来の「江見特急」の姿(7029・日野U-RU2FTAB)でありましたが、この運用の中にありました朝の佐賀発始発便の折り返しでその運用が存在しておりました。それにしても、この路線は原則トイレなしの車両が使用されておりまして、福岡~佐賀線「わかくす号」で使用されていた車が転用されてもいましたが、中にはこの車のように元は福岡~熊本線「ひのくに号」でも使用されていたためトイレ付であった車も存在していたほどでもありました。
 
 
 本当に、かつては特急バスも運行されていたなど賑やかでもありました江見線「45番」系統でもありましたが、現在は本数も減らしながらも佐賀~江見~久留米間を運行されるに至っております。そんな中での上の画像の「江見特急」間合いの「45番」ではありますが、もしも現在も運行されているならば、現在はおそらく西工B高車、もしくは純正の車両(三菱エアロエース・日野セレガ・いすゞガーラ)が使用されていたのかな?と思う所でもあります。とにかく、現在はもう中型路線車がメインとなっております江見線ではありますが、一度廃止の危機もあっただけに、これからも維持していただきたいと思うところであります。