番外 廃止から13年、313形電車が表紙の西鉄旧宮地岳線各駅時刻表&乗車券・乗車駅証明書のご紹介 | コウさんのコウ通大百科 PART3

コウさんのコウ通大百科 PART3

在住する九州を中心に、鉄道・バスを中心としました記事を毎日更新しておりますのでどうぞご覧下さい。
(尚、平成24年1月〜平成30年3月の記事はPART2の内容です)


 
 ご覧の皆様の中にも存じている方がいらっしゃるのではないかと思いますが、平成19年に西日本鉄道(西鉄)の「宮地岳線」から「貝塚線」に変わりましてから今年で13年になりました。
 
 その「宮地岳線」から「貝塚線」に変わる事になった理由としましては、この年西鉄新宮~津屋崎間が廃止されておりまして、その結果、これまでの「宮地岳線」から「貝塚線」と路線名が変わるに至っております。
 
 この13年もの間には、画像2の西鉄新宮駅以北が、廃線の所に住宅が建てられた所もあれば、ソーラーパネルが設けられた所や畑と化した所もありまして、大きな変化が見られております。特に、上の画像の旧津屋崎駅周辺にも住宅が建てられておりまして、福岡のベッドタウンとしての姿も見られるようになっております。そう思いますと、廃止にならなくても良かったのでは?とも思う所ではありますが、ここまで宅地化するなど変化が見られる訳ですからよりそう思う所ではあります。
 
 
 さて、私自身は、廃止末期に何度かその旧宮地岳線に足を運びまして、その廃止末期の姿をも各駅撮影に出向いていたほどでもありましたが、その各駅に出向いていた際にいただいていたものが、今回ご紹介します旧宮地岳線各駅の時刻表・乗車駅証明書でありました。今回は、懐かしさを想いつつご覧いただきたいと思いまして、皆様にこれらをご紹介してまいります。
 

 まず、画像にありますのが、西鉄新宮駅以外廃止駅となりました各駅の時刻表であります。画像にあります駅の時刻表も、西鉄新宮駅の他、その下の廃止前駅画像にもあります、古賀ゴルフ場前・西鉄古賀・花見・宮地岳の各駅の時刻表でありまして、それ以外の廃駅となりました、西鉄福間・津屋崎各駅の時刻表は廃止前に出向いた際にその時刻表自体が切らしておりましてもらう事はできませんでした。
 
 (旧古賀ゴルフ場前駅)
 
 (旧西鉄古賀駅)
 
 (旧花見駅)
 
 (旧西鉄福間駅)
 
 (旧宮地岳駅)
 
 
 所で、この時刻表を見ますと、表紙は313形電車であるのがわかります。当時、主力は現在と同様600形電車ではあった訳でありましたが、それでも313形電車を表紙にしている所を見ますと、この313形電車は当時の宮地岳線でも目玉の電車であったのかな?と言う印象ではなかったでしょうか。
 
 (313形電車、引退前撮影)
 
 それにしても、通常なら600形電車がと思いがちでもある訳ですが、最終的には、宮地岳線の時刻表は313形電車が表紙を最後まで貫いた事にもなりますので、現在は廃車となった事もありまして、今となれば貴重ではなかったのではないかとも思う所でもあります。
 
 
 また、以下画像は乗車駅証明書・乗車券・記念乗車券であります。乗車駅証明書は、通常でも乗車時にいただくものでありますが、廃止後は、これらの発行がなくなった訳ですから、今となれば貴重になります。尚、これら乗車券・乗車駅証明書は当時の駅員さんの許しを受けていただいたものでありましたが、今となれば本当に取っておいてよかったように思います。
 
 ちなみに、記念乗車券は津屋崎駅の分しかいただく事ができませんでしたが、他の駅でももらえておりまして、廃止駅のセットの記念乗車券も発売されておりました。私も、お金があれば記念乗車券セットを購入していただけに、これだけは残念であったなと思う所でもありました・・・。
 
 
 ここまで、「宮地岳線」廃止に関しましたものをご紹介しましたが、こちらでは「貝塚線」となりました平成19年4月改正の時刻表もご紹介しますが、表紙は600形電車になっております。本当に、宮地岳線廃止までは313形電車で貫いていた各駅時刻表であった訳でありますが、ついにこちらの方も座を奪われた事にもなってしまっていた事が伺えておりました。
 

 私自身、改めて見てみまして、本当に今思うと懐かしいとしか言えようがない所でもあります。当時は今回ご紹介しました313形電車、そして以下画像の600形電車の他に300形電車も旧宮地岳線におきまして存在していた訳でありましたのでなおさらではなかったかとも思います。その表紙となりました313形電車も、これまでも当ブログでもご紹介しておりますように、既に引退・廃車となってしまっておりますが、そう思いますと、この時刻表類もより貴重なものになってしまっている事には間違いないとも思いますので、今後も大事に取っておこうとも思います。