番外 現在はいずれも全廃しています・・・西鉄バス筑豊で見られていました、旧グループ会社塗装車紹介 | コウさんのコウ通大百科 PART3

コウさんのコウ通大百科 PART3

在住する九州を中心に、鉄道・バスを中心としました記事を毎日更新しておりますのでどうぞご覧下さい。
(尚、平成24年1月〜平成30年3月の記事はPART2の内容です)

 
 西鉄バス筑豊では、西鉄バス筑豊管内におきまして、一番見られる塗装であります、画像2の「赤バス塗装(旧一般路線塗装、5882・日産デKL-UA452MAN)」以外にも、画像1にもありますように、最新の「スマートループ塗装(2866・いすゞSKG-LR290J1)」も見る事ができております。

 また、かつてはこれら以外にも、元グループ会社であった塗装車を見る事ができておりました。
 
 西鉄バス筑豊は、元々添田交通嘉穂交通西鉄バス遠賀(←直方交通)から合併して設立した事業者でありまして、旧添田交通が本社を添田町に、旧嘉穂交通が本社を現在は飯塚市となった旧筑穂町に、旧西鉄バス遠賀(←直方交通)が直方市にそれぞれ本社を持っておりまして、それらも平成15年までに再編により合併、結果飯塚市・田川市・直方市を中心とした福岡県筑豊地区は西鉄バス筑豊の路線となったのでありました。
 
 そのため、西鉄バス筑豊管内では、これら塗装以外にも合併前各社の塗装が存在しておりまして、いずれも西鉄バス筑豊となりましても見られておりました。今回は、過去撮影しました画像から、各社の塗装をご紹介してまいります。


 西鉄バス筑豊で見られておりました塗装は(いずれも平成21年撮影)・・・
 
 旧添田交通(501・日産デKC-RM211GSN)、
 
 旧直方交通(→西鉄バス遠賀、3001・三菱U-MP218K)、
 
 旧京築交通(→西鉄バス京築、6910・日産デU-JM210GSN)
 
塗装の3塗装車が以前は見る事ができておりまして、特にこのうちの旧添田交通の塗装車は一昨年まで見る事ができておりまして、かつてのグループ会社時代の姿を特に偲ばせる事ができておりました。
 
 (117・日産デKC-RM211GSN)
 
 
 この3つの塗装は、いずれも西鉄本体からから一度分離子会社化された会社独自の塗装車でありまして、いずれも旧会社時代の名残が出ているのではないかと思います。特に画像4・以下画像の旧直方交通の場合は、フロント・側面にあります「」のアルファベットから明らかに直方交通であるのが実感できるのではないでしょうか。尚、この塗装はご紹介しておりますように既に全廃に至っております。
 
 (左から3番目以外はいずれも旧直方交通塗装)~平成21年撮影
 

 また、旧京築交通(→西鉄バス京築)の塗装の場合は、他にも西鉄バス二日市(原支社)で見る事ができておりましたし(現在は全廃)、旧鳥栖交通(現・西鉄バス佐賀(鳥栖支社))でも見る事ができていました塗装でありましたが、旧京築交通の車は事業廃止後にこの西鉄バス筑豊に転属していたため、新たな仲間として画像5のように加わっておりました。尚、西鉄バス筑豊転属時には6台移ってきておりましたが、その後全廃に至っております。
 

 さらに、他にも1つの塗装車が西鉄バス筑豊内で見る事ができておりました。それが旧嘉穂交通の車でありまして、飯塚地区を中心に運行されておりまして、実質4つの塗装が西鉄バス筑豊内で見る事ができておりましたが、現在はこちらもこの塗装自体全廃されております。
 

 今回ご紹介しましたこれらの塗装車は、ご紹介しましたように既に全廃となっておりまして、現在この姿を見る事はできなくなっております。本当に、西鉄バス筑豊となる前には各社独自の塗装として存在していた訳でもありましたが、そう言った姿が見られなくなった事は残念ではないかとは思いますし、各社オリジナル塗装を持っていた事からもわかりますようにかつての姿が見られていたのも良かったとは思いますが、残念ながらもう見られないとはそれほど経年に達していた証でもありましたので、そう考えますと全廃になった事も仕方ないと言わざるを得ない所ではないかとも思ってなりません。