口内炎の痛みを早く解消する薬や治療法

口内炎ができると痛みが強くて、食事をすることが困難な事も多く、出来た場所によっては何もしないでも痛くてたまらない、話もできないこともあります。
そんな口内炎が、少しでも早く口内炎が治る方法、痛みが早く解消・緩和される方法を書いていきます。

夏風邪の時期ですね。

病気にかかることで口内炎を発症するものがあります。

その中に、夏風邪の1種で手足口病という病気があります。

子どもが感染・発症しやすい病気で、名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。夏風邪の1種ですので、夏に発症しやすく、今がまさに旬です。

この病気を発症すると、発症の初期に口内炎ができることがあります。

手足口病による口内炎には、ステロイドの薬は使わないで下さい。

悪化します!

ステロイドが使われている市販薬

口内炎用の市販薬に使われているステロイドは3種類くらいありますが、ほとんどが「トリアムシノロンアセトニド」というステロイドを使用しています。

ステロイドが使われている有名な市販薬には次のようなものがあります。

  • ケナログA
  • 口内炎軟膏大正クイックケア
  • トラフル軟膏PROクイック
  • オルテクサー 口腔用軟膏
  • アフタガード
  • クリアガード口腔用軟膏
  • アフタッチA
  • トラフルダイレクト
  • 口内炎パッチ大正クイックケア

口内炎以外の症状がある場合の口内炎には、念のためこれらの薬の使用を避ける方が良いかもしれません。

市販薬では指定第2類医薬品という分類になっていると思います。

手足口病の症状

上でも少し触れましたが、手足口病の症状は次のようなものです。

  • 感染してから3~5日後に、口の中、手、足などに2~3mmの水疱ができる
  • 発熱する人もいるが、あまり高い熱ではない
  • ほとんどの場合は、数日で治る
  • 発熱~解熱後、発疹が出ることもある
  • 手足口病の症状が消えてから、1か月以内に、一時的に爪が剥がれる症状になることがある。
  • まれに、髄膜炎、脳炎などの合併症や、心筋炎などの症状になる

大人の場合の症状

ただし、これは子どもの場合であって、大人が感染すると重症化しやすく、大人の場合は次のように一つ一つの症状が重くなります。

  • 38度以上の高熱。
  • 治る期間が子どもの場合の2倍近い。
  • 水泡は最初は痒いが、後から痛くなる
  • 水泡の痛みで物が持てなかったり、歩けない。

私自身、今回子どもから感染し大変な思いをしました。

  • 口内炎(3個)
  • 手のひらへの発疹(1個)
  • 発熱38度後半、2日目から37度後半
  • 目の奥の痛み
  • のどの痛み
  • 腹痛

こんな症状がある場合には、内科の受診をお勧めします。

未使用

参照

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

口内炎を解消するサイトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。