口内炎の痛みを早く解消する薬や治療法

口内炎ができると痛みが強くて、食事をすることが困難な事も多く、出来た場所によっては何もしないでも痛くてたまらない、話もできないこともあります。
そんな口内炎が、少しでも早く口内炎が治る方法、痛みが早く解消・緩和される方法を書いていきます。

口内炎が痛くてたまらない。
食事はおろか、水を飲むことさえも、話すこともできない。

口内炎の痛みを緩和させる方法が知りたい!

あまりに口内炎になる頻度が高いので、
なんとか口内炎を予防したい!

そんなあなたの役に立つ情報を集めています。

20170831

先日内科で手足口病だと診断された病気が、手足口病ではありませんでした^^;

手足口病ではないけれど手足口病に似た症状を引き起こすウィルスだったのか、手足口病も併発したのか原因は分かりません。

結果として、喉頭炎という喉の奥の炎症で、声帯やその奥まで腫れあがり、40度の熱が出て、入院一歩手前の状態でした。

内科での診断もあり、重症化されるという「大人の手足口病」だと思い込んでいたので、再受診のタイミングがずれてしまい症状が酷くなってしまったのだと思います。

症状が腹痛から喉の痛みに変化したときに、早く通院できればここまで酷くならずに済んだのかもしれません。

その後、ステロイド剤などを飲み症状が落ち着きますが、発症2週間近く経った今でも、頭痛があったり、頭がボーっとしたり、喉や鼻がすっきりしない状態が続きます。

口内炎を引き起こす夏風邪

夏には、口内炎を引き起こす代表的な夏風邪が2種類あります。

ヘルパンギーナと手足口病です。

たかが口内炎と侮らずに、口内炎以外の症状が出たら医療機関の受診をお勧めします。

余談ですが、喉が痛い場合には耳鼻咽喉科へ行きましょう。

今回の私の症状もそうでしたが、喉の奥の方は内科の診療領域の外であり内科では診察できないため、喉の奥までしっかり診てくれる耳鼻科に行くのがお勧めです。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナの症状

  • 発熱(38度以上、場合によっては39~40度の高熱)
  • 口内の口内炎や水泡
  • 喉の炎症

発熱は2~3日程度で収まりますが、長引く場合は合併症を引き起こしている可能性があるので、医療機関を受診します。

口内炎や水泡には酸性の飲み物等がしみて痛いので、食べ物飲み物を工夫する必要があります。

手足口病

手足口病と口内炎でも書きましたが、手足口病の症状は次のようなものです。

  • 手、足、口に水泡
  • 発熱する人もいるが、あまり高い熱ではない
  • 発熱~解熱後、発疹が出ることもある
  • 手足口病の症状が消えてから、1か月以内に、一時的に爪が剥がれる症状になることがある。

ほとんどの場合は、数日で治ります。

高い熱が続く場合には、合併症を引き起こしている可能性があるので、医療機関を受診します。

大人が感染すると、38度以上の発熱や治る期間が長くなるなど重症化しやすいようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。