中3のとき、
15歳だったあなたに質問。

自分の専攻学科をいま決めろと
将来どの道進むかいま決めろと
言われたら

スッと決めれた人
スッと分かってた人
どのくらい居ますか?

んなもん
まだ分からんわっ!
少なくとも私はそうでした

公立高校が減らされて進学できない
私立や特別専門学科のある高校を
選択しなければならないかも
もしくは、
近くに無いから遠くの公立高校へ…
そうなったら15歳の私はきっと
子供ながらに将来の不安 と
親の金銭的な負担の事 と
頭を悩ませ苦しむ だろう

実は
奈良 ではすでにこの状態なのを
みなさんご存知でしょうか…

高校の[特色化]を目指すと言って
これまでハイ、
10校もの公立高校消えました

私は思う
自分の得意/不得意分野
選択科目、将来のビジョン
ようやく高3でだいたい見えて来たし
大学からでええやん…
もっと言えば
自分のタイミングでええやん…
そんなんで
なんか問題、あった???
なんか文句、ある????

昨日5/12の 
県立高校削減 についての学習会
残念ながら参加出来なかったんですけど!

一体何が起きてるのか
何でこんな事するのか
どうすれば削減を止められるのか
ひとりの母親として
子どもの自由はどこへ行く
子どもは選択肢を削がれ
15歳でその狭い選択を迫られ
ちょっとまって可哀想やん…

たかが中3で
子供にそんな悩みを抱えさせたくない
学力や進学や金銭的な事で
親に気を遣わずに高校いって欲しい
少し前まで当たり前だったことが
当たり前じゃない…

少しでも共感できるかたは
少しでも内容知りたい方は
話を聞いたほうがいい
一緒にかんがえて
これ以上の学校削減を
許していいのか。
人ごとやとおもてたら
自分のこどもが犠牲者に。
私たち母親に出来ることは
まだある
すんなり減らされてたまるか。

こちらのページでは
学習会随時アップしていきます

5/19(土)13:00〜学校統廃合について
https://www.facebook.com/events/2135085640044786
facebookページ「にじいろバンビ」から転載

【学習会に参加された方のコメントです】

5月12日奈良県立高校削減問題を考えるシンポジウムを平城東公民館で行いました。

京都北部の方から経験を学びました。
地域や生徒、計画賛成も含めてあらゆる声を集めることが大切。
100か0ではない、粘り強く運動することが大事なことだと学びました。
奈良県の県立高校収容率は63.5%、京都府は
79と、愕然と💢
15の春を泣かせない‼️運動を広げたい!

地域の方にも協力してもらい、地域や駅前で、チラシをまいたので。地域の自治会や、平城高校の保護者や卒業生が参加してくださいました。

「平城高校、絶対無くしたくない」「なくなつったら大変」と感想が寄せられました。

シンポジウムで学んだこと、つながりを大事に、ピッチをあげてとりくんでいきたいです。
署名にご協力お願いします。









今朝は、7時半から8時半まで近鉄高の原駅前で、県立高校削減問題を考える学習会Part.2の案内チラシを配布。

奈教組や新婦人、地元の方など総勢9人で「地元の平城高校を存続させましょう。」と声かけをしながら元気にチラシを手渡していきました。

    私は、毎月近鉄学園前駅南口で早朝宣伝をしていますが、1時間で5枚ぐらいしか受け取ってもらえないというのがザラです。今日は10倍以上の受け取りの良さにびっくり、感激!

    平城高校の生徒の表情は堅かったけれど、奈教組の吉本委員長の教え子の生徒たちが吉本委員長の周りに駆け寄って話の輪ができていたのもステキでした。

    「えっ、平城高校がなくなるんですか⁉︎」と驚いてチラシを受け取る地元の方や卒業生らしき人も多数いました。

     学習会は、5月12日(土)午後1時30分から4時まで平城東公民館で行われます。

京都の高校再編問題で粘り強く運動を展開してこられた「丹後・与謝高校再編を考える会」のみなさんによる報告もあります。全国から注目されている運動の担い手のみなさんの話が聞けます。

もちろん、奈良県立高校の削減問題の最新情報の報告も。お気軽にご参加ください。