転居届 | やりましょう!やってみましょう!(介護編)

やりましょう!やってみましょう!(介護編)

5年前に遠距離介護から始まった義父母の介護。
義母は亡くなり、今はアルツハイマーの義父が
施設で暮らしています。義母亡き後の義父への
対応を模索中です。


テーマ:

夫の両親が今の施設に入所して1年7カ月になります。引っ越しのときに「転居届」を提出して、郵便物は施設に届くようにしました。


郵便物は、最初の頃は義母に二人分が渡されていました。(義父が痴呆のため)ところが、義母も郵便物を処理できなくなりましたので、施設から「転居届」を出して、転送先を私たちの住所にするように依頼がありました。


そこで、郵便局の窓口に行ってきました。夫が転勤族なので「転居届」も慣れているのですが、「代理で転居届を出すのはどうするんだろう?」と思ったので、私と夫の両親の関係がわかるように戸籍謄本持参です。


ところが、窓口ではハガキをくれて、「転居届提出者氏名」欄に署名して押印して投函すれば、本人でなくとも「転居届」を出せるとのこと。そんなに簡単でよいのでしょうか?


そのハガキに「転居届はWebでもできるんです!」と書いてあったので、自宅に戻りパソコンから試みたのですが、これが非常に面倒でした。


まず、メールアドレスを登録します。


やりましょう!やってみましょう!(介護編)-メルアド受付

すると、メールが届きます。


やりましょう!やってみましょう!(介護編)-メール

URLをクリックすると、やっと転居届画面に入ることができます。



やりましょう!やってみましょう!(介護編)-入力画面

ここで問題発生です。夫の両親の郵便物は今でも転送されているのです。ここで、入力するのは今の転送先?それとも、大元の住所?


0120-23-20-86(ふみにはハロー)に電話して聞いて見たら「大元の住所と転送先と両方の住所の変更をすれば一番確実です。」とのこと。


次は届出者の確認です。届出者の携帯番号を入力させられます。


やりましょう!やってみましょう!(介護編)-転居4


ここで問題発生!先ほど入力した携帯から電話しなければなりません。しかし、一番始めに届出者を夫にしていたので、夫の携帯番号を入力したのですが、私の手元に夫の携帯はありません。仕方ないので始めからやり直しですがっかり



やりましょう!やってみましょう!(介護編)-指定番号


届出者を私にして私の携帯から指定番号0570-066-880に電話すると、発信している携帯の情報を取得するとアナウンスがありました。携帯情報と受付番号が一致すると確認されて、やっと、転居届提出終了です。


ああ、疲れたため息 まあ、これくらいしないと他人が勝手に郵便物の届け先を変えられることになるから仕方ないかもしれません。ハガキの方が楽な気がします。



やりましょう!やってみましょう!(介護編)-おわり


がんばって、2つめの住所の転居届をこれから入力します。郵便局の窓口にいくために自宅を出てから、既に1時間以上経っています。本当にこんな小さなことの積み重ねが大変なんです汗



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

Monさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス