慢性腎炎 CKD | 三鷹の漢方 廣寿堂(こうじゅどう)薬局 0422-46-8003 

三鷹の漢方 廣寿堂(こうじゅどう)薬局 0422-46-8003 

 漢方薬は自然からの贈り物。
 自然にあるがままに、 出来れば健康で長生きをしたい。
 元気な可愛い赤ちゃんを授かりたい。
 漢方薬はやさしく安全に、
 体の中から健康に綺麗に元気にしてくれます。 


テーマ:

成人人口の12.9%、8人に1人が罹る国民病である慢性腎炎「CKD」

透析導入と心血管病のリスクが高くなる。

 

健康診断でタンパク尿・血尿・クレアチニン値などの異常が早期発見となりますが、

 

漢方では

*足腰が疲れやすい

*腰が重だるい

*ころびやすい

*頭が重くぼんやりする

*めまいふらつき

*のぼせや発汗

*耳鳴り

*頻尿や夜間排尿または小便が出ないなどの異常

*むくみ倦怠感

*痩せてくる

*顔色が黒い、目の周りが黒い

*疲れやすい

*無気力や異常興奮

など、

検査値が悪くなる前でも体質的な腎の虚弱「腎虚証」とされる。

 

西洋医学の「CKD」と漢方での腎の虚弱「腎虚証」

心血管病へのリスクが高まり、

また、

心機能が低下していると腎機能へのリスクが大きくなる。

 

腎機能低下にともない、

赤血球の製造が減少し貧血症状を伴う。

 

腎機能低下にともない、

老廃物を濾過して尿中に排泄する機能(GFR)が低下する。

カルシウムやリンの代謝異常となり、

それを補正するために副甲状腺機能の異常が生じてくる。

骨代謝異常、ミラル代謝異常となる。

 

代謝機能(GFR)は加齢とともに低下する。

特に50才を過ぎると毎年1程度ずつ低下するとされている。

G1~G5に区分され、

G1 正常または高値 ≧90

G5 末期腎不全    <15

 

健康診断で検査結果が悪くなる前に、

体と心の状態を識り、

病気への進行を防ぐことが大切ですね。

 

ご相談ください。

三鷹の漢方薬局 廣寿堂(こうじゅどう)

0422-46-8003

 

 

三鷹の漢方 廣寿堂(こうじゅどう)薬局さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス