三鷹の漢方 廣寿堂(こうじゅどう)薬局 0422-46-8003 

三鷹の漢方 廣寿堂(こうじゅどう)薬局 0422-46-8003 

 漢方薬は自然からの贈り物。
 自然にあるがままに、 出来れば健康で長生きをしたい。
 元気な可愛い赤ちゃんを授かりたい。
 漢方薬はやさしく安全に、
 体の中から健康に綺麗に元気にしてくれます。 

日々の暮らしを
漢方的な生活習慣にかえてみませんか?
大切な家族やご自身の健康を守るために!



心と体の調和により、


新たな生きる喜びの発見を目指しましょう。

お気軽にご相談下さい。




漢方薬専門 廣寿堂(こうじゆどう)薬局

三鷹市下連雀3-33-17グラシアス三鷹

0422-46-8003
ご相談は無料です。

漢方体質鑑別問診はご予約ください。



$koujudoのブログ








>>

テーマ:

漢方薬は、

病気を治すために服用する「薬」であり、

病気にならない未病を防ぐ「養生」のためにも服用する。

 

自然の草木などを「湯」「散」「丸」「膏」にしたものです。

 

湯はスープ、散は細かく粉砕、丸は粉砕したものをハチミツで固め、膏はスープとハチミツを混ぜたような漢方薬。

 

 

 

病気を治すためには

病気になっている原因の体質「証」に合わせた漢方薬が必要になる。

 

この体質「証」は、

病状として現れることなく、

病気にならなくても、

その人にとって常に存在する体質「証」である場合も多い。

 

ですから日頃から、

病状が現れ病気にならないように未病を防ぐ、

体質の危機管理「養生」が大切です。

 

そのための養生として漢方薬を服用することが大切です。

 

漢方薬の組成は、木の実、果実、果実の種、草木の根、根茎、葉、蕾、枝、樹皮…、

硬米(玄米)、小麦、麦芽、黒豆、ショウガ、にんにく、山椒、ゆり根、くるみ、山芋…、細茶(お茶)、

時には豚足や羊肉やマムシや蜂の巣など生薬として使われます。

まさに薬膳料理の材料ですね。

 

本来は薬膳料理も、

一人一人の体質に合った食材と生薬を使い、

料理を作ることが大切ですが…、

 

多くの人に楽しんでもらうためには、

誰もが、動くと・疲れると・寝不足すると、そして加齢とともに消耗する、

或いは生長するために必要な栄養となる薬膳料理にすることが必要だと思っております。

 

薬膳料理を

食べると体調が悪くなる場合は、

体調が悪くなる原因体質「証」を治してみるのも良いかもしれませし、

そのための薬膳の材料を選ぶことが大切です。

日頃の食事であっても同じでしょう。

どんなに良い栄養素が含まれてい、

合う食材合わない食材とがあります。

 

日頃の食事で気をつける基本は、

*偏らずいろんな種類を食べる。

*食べ過ぎ無い、飲み過ぎない。

*よく嚼んで食べる

 

たったこれたけの当たり前のことですが…

 

人は食事と、

口から入るあらゆる物で作られるのですから、

 

未病を防ぐ「養生」の第一歩は、

薬・サプリメント・飲食物など、

「口がら入れる物に気を遣う」から始まります。

 

廣寿堂は、

毎週金・土・日の朝8時~11時(ご来店は10時30分まで)

養生薬膳茶の体験カフェを開催いたしております。

体験してみませんか!

ご希望があればご自分の気になる体質などのご相談も承ります。

 

廣寿堂オリジナルの養生薬茶2CUP分量

(クコの実となつめ1个が付きます。)

温華茶 冷え症で血流が悪い方 350円

葉麗茶 お腹が冷えている方や子宝養生 350円

減脂妙茶 つい食べ過ぎる方 300円

 

 

漢方薬専門薬局 廣寿堂(こうじゅとう)

0422-46-8003

三鷹市下連雀3-33-17 グラシアス三鷹

 

 

 


テーマ:

日が暮れるのが早くなりました。

 

朝晩は冷えてきましたね。

 

昼間は爽やかなのに日が暮れるとなんだか淋しい気持ちになりますね。

 

今年も2ヶ月だと思うと気持ちが焦ります。

 

夏が熱かった分だけ、

 

冬が近づき、寒くなってくると、

元気がしょんぼりしやすくなっていませんか?

 

冬は「陽気」が閉蔵する季節です。

 

夏に「陽気」を発散し過ぎていると、

 

体も心も陽気不足のまま潜んでしまいます。

 

元気も、やる気も影を潜めていませんか?

 

どうしたら良いの~?

 

寒いと元気がでない体質「陽虚証」とは、

体を温める力が不足している冷え症体質です。

 

寒いと体も心も燃焼不足になりますから、

朝もお布団からなかなか出られない。

 

体の何処が燃焼不足で冷えやすくなるのかは、人それぞれ違いがあります。

胃腸の場合

心臓の場合

肝臓の場合

肺の場合

腎臓の場合

と、必ずしも体の全てが燃焼不足になるとは限らないのですが、

 

肺が冷え症だと、

声も小さくなり気持ちも淋しく落ち込みやすくなります。

鼻水やクシャミ、咳喘息がでやすくなります。

 

全体の燃焼不足を補うためには、

腎の陽気を回復してあげること大切です。

また、胃腸が燃焼不足だと、折角食べた栄養を吸収できませんね。                                            

 

腎の陽気が五臓六腑の元陽であり、

胃腸の陽気は五臓六腑の養栄するための源となります。

 

寒くなる季節も元気に過ごすために、

漢方薬で、

一人一人の体質に合った「陽気」の回復をしてあげましょう。

三鷹の漢方薬局 廣寿堂(こうじゅどう)

 

 

廣寿堂養生薬茶 お腹の冷え症予防に♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

いろいろ試したけれど元気にならない。えーん

 

漢方では元気になるためには「腎」がかなめ。

そして、

脾と胃腸(大腸・小腸)が腎を養うのです。

だから、

腸内フローラの環境状態が健康でなければ元気にはなれないんだよ~。

ガーン

 

    腸内には100兆もの菌が生息しており、

腸内の細菌群を、

いろんな種類のお花畑にたとえて、

「腸内フローラ」と表現されています。照れ

 

この腸内フローラの多種多様性な環境を整える菌が、

土壌細菌の「枯草菌」です。

 

それは、

 

「プロバイオティクス」

腸内細菌をコントロールすること

腸内が異常状態にならないように改善し健康によい影響を与えてくれる生きた微生物です。

 

 

悪玉菌を排除するより、

細菌のバランスと多様性の共有が重要なのです!!

 

腸内フローラ(腸内の細菌群)がシンプルな方は不健康な人なんですよ~。

 

善玉菌である枯槁菌は「プロバイオティクス」としての働きをします。

 

近年の研究で健康長寿の研究成果が出でいる、

ポリアミンの「スペルミジン」を作り出す。ドキドキ

 

スペルミジンが減ると老化が進む、増えると老化が穏やかになるだよ~。

 

腸内細菌の善玉菌には乳酸菌・ビフィズス菌がありますが、

人が個人個人違うように、

微生物も原種が同じでも株が違うと全く性質が違います。

だからたくさんのヨーグルトが開発されています。

BB536(森永)・シロタ株(ヤクルト)・ LG21株(明治)・ R-1株(明治)・ L92株(カルピス)

ぞぞれの株の健康力が違うのです!

 

枯草菌も同じです。

醤油・味噌・納豆などの多くの発酵食品に含まれています。

納豆菌はご存じですね。

 

そして、

 

新たに地球からのプレゼント、

枯草菌の善玉菌が発見されたのです!!!

まさに地球からの贈り物です。

脅威の生命力を多くの生き物に与えてくれる。

その土壌細菌である枯草菌は、

「DB9011菌」ビックリマーク

 

肺炎の原因菌(レジオネラニューモフィラ)

ニキビの原因菌(プロピオ二バクテリウムアクネス)

歯周病の原因菌(ポルフィロモナスジンジバーリス)

胃潰瘍・胃癌の原因菌(ヘリコバクターピロリ)

の有効性が確認されています。


上記の疾病全体の有効率は86%とう調査結果がでている。

病気の予防にも治療効果にも微生物が大きな役割をはたしていますね。

漢方薬と微生物による腸内フローラ改善!

ご相談ください。

三鷹の漢方薬専門薬局 廣寿堂(こうじゅどう)

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス