さてさて、年も押し迫って、なんだか気ぜわしくなりましたね。

いつの間にかブログ書き込み欄の形式が変わってるみたいだけど??

いつかあさイチで小紺有花さんがやっていた甘酒肉じゃがを豚肉で作ろうと、冷蔵庫を開けたら鶏肉しかなく・・・

鶏肉で肉じゃがを作ってみました。

糸こんにゃくとたまねぎ、じゃがいも、にんじん、豆腐をまず少量の水で柔かく煮て、甘酒と醤油を入れて弱火で煮込みます。(甘酒60mlに醤油大さじ2~3の割合)

あっ、大根葉も入ってます。

鶏肉だと「肉じゃが」とは言わない?あせる

梅干を細かくちぎって混ぜた玄米おにぎりもおいしかった。


ふつうの焼きそばだけど、味付けを塩糀にして「塩糀焼きそば」


これもあっさりとおいしいです。

さて、毎年おせち料理と言ったって、たいしたものは作らない我が家ですが、去年作っておいしかった「ぶりの塩糀焼き」と「塩糀数の子」は作ろうと思っています。

ぶりは塩糀(5切れで大さじ2弱)をまぶしておいて、フライパンで焼くだけ。

数の子(4本)は塩糀水(塩糀、酒各大さじ4、水1ℓ)の半分の量にまず漬ける。

2時間くらいで取り出し、薄皮をむく。残りの塩糀水に漬けて一晩おき、汁気を切る。

(酒、みりん各カップ1/2)を煮たて、粗熱がとれたら塩糀大さじ2を加えて冷蔵庫で一晩。

ということは、今夜あたりから漬けると、ちょうどお正月に間に合いそう。

(去年の「きょうの料理」12月号に載ってた妙峰さんのレシピです)

「数の子」なんて、昔はどこがおいしいんだろうと思ってましたが・・・(^_^;)
AD