谷の活動日記第2283号【“連休前のいい話、甲斐記者春の転勤”】 | 谷こういちオフィシャルブログ「日本を立て直す!政治を立て直す!」Powered by Ameba

谷の活動日記第2283号【“連休前のいい話、甲斐記者春の転勤”】

 26日(金)朝、党本部で過疎対策特別委員会。総務省過疎問題懇談会座長(宮口氏)より中間的整理の報告。
 引き続いて地方創生実行統合本部の有識者ヒアリングへ。
 会館では宮城県、伊東昭代教育長の就任挨拶、兵庫県の県土整備部との道路整備の協議、水産庁からWTO上級委員会の件についてなど。
 また、災害援護資金の特例法案については、与野党協議が大きく進展する兆候が出てきました。
 連休前にいい話です。
 夕方、選挙区へ。いよいよ10連休です。
 27日(土)はやや寒い日。風も強い。
 朝、「香住・ジオパークマラソン大会」(香美町)開会式へ。3000人もの人が、寒さと風にも負けず走ります。
 開会式のあと、高齢者叙勲受章者へのお祝い、企業回りなどのあと、「第12回但馬のロマン楽しい書展」に顔を出す。書を楽しむ方々の書展です。
 朝日新聞和田山(朝来市)支局の甲斐俊作記者が5月初めに京都に転勤されることになりました。
 朝日新聞但馬版に「農は楽し ― 特区第1号の現場から」という連載を2014年(平成26年)から今月まで214回も続けてこられた記者です。
 「小さな自治体の大きな挑戦」を人々に寄り添うようにレポートをしていただきました。
 市民の人々に話を聞き、厳しい過疎の状況で前向きに取り組んでいる200人を超える人々を紹介していただきました。
 現場を掘り下げることにより、この国の未来を考えようとする骨のある記者です。
 京都に帰っても(家は京都)養父市や但馬のサポーターであり続けて下さい。残念な異動ですが、長年頑張っていただきました。心から御礼申し上げます。
 28日(日)は元和田山町長の髙木勤氏の葬儀、そして夕方からは、森三田市長を囲む春のつどいに出席して東京に行く予定。

【香住・ジオパークフルマラソン大会開会式】


【但馬のロマン楽しい書展】