谷の活動日記第2235号【“国会閉会後も”】 | 谷こういちオフィシャルブログ「日本を立て直す!政治を立て直す!」Powered by Ameba
2018-12-14 00:00:00

谷の活動日記第2235号【“国会閉会後も”】

テーマ:ブログ
 国会が閉会しても、与党がやるべきことは山積しています。大詰めの税制改正・来年度予算・今年度補正、来年の通常国会に向けた法案(議員立法)提出準備等々。野党時代(平成21年~24年)は指をくわえて編成作業を見ていました。そのための会議が次々と、錯綜して開かれます。

 税制調査会は11日(火)にマル政事項(政治的に判断しなければならない大きな項目)処理案、12日(水)に最終とりまとめと続き、今日14日(金)には大網が決定予定(最終段階で公明党との協議が難航し、予定が一日ずれる)。

 部会、調査会なども、復興加速化本部、地方創生実行本部、総務部会、農林部会、水産部会、国土交通部会、環境部会、文部科学部会、厚生労働部会などが次々と開かれる。ほとんどすべて予算絡みの会合。会の進行なり、役員をしている会合は最後まで出席していますが、それ以外は会議を梯子(はしご)。

 議連では、統合医療推進議連、ジビエ議連、更には地産地消型の再生可能エネルギーを活用しようという議連の準備会合。また、そして、石井国土交通大臣へ地域公共交通確保の申入れも議連で行う。

 一方、弟の亨二が役員をしている兵庫県老人福祉事業協会の要望活動にも同席(神戸市老人福祉施設連盟も一緒)。私の同席ということがお会いする条件という場合が少なくありません。根本厚労大臣、小泉厚労部会長、加藤総務会長、厚労省大島老健局長などへの要望に立会い。

 各省庁との打合せはもちろんですが、それ以外の要望も多く、日本行政書士連盟、村井宮城県知事、島田JR北海道社長、福島県葛尾村、JR西日本、姫路市、そして神戸市など。神戸市からは23年前の災害援護資金の未償還の取扱いというかねてからの重い課題、宿題の話。

 13日(木)の夜、超党派の「落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会」で上野鈴本演芸場へ。初めて行きました。2時間程、落語、講談、曲芸を楽しむ。

 14日(金)の夕方から北海道入り。知人の友綱親方(元旭天鵬関)などと北海道むかわ町へチャンコ鍋のボランティアに。


谷こういちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース