鳥取県広報連絡協議会のブログ

鳥取県総合情報誌「とっとりNOW」の発行/「ふるさと鳥取ファンクラブ」を運営している、鳥取県広報連絡協議会スタッフのブログです。


テーマ:

鳥取にちなんだ妙味の、新たなご当地グルメが相次いで登場しました。「地元ならではの味」で胃袋を刺激する2商品を紹介します。

 

 

■オール地産地消でジューシー
 八頭町の農産物を使った日本一のバーガー

 

大江ノ郷自然牧場(八頭郡船岡町)は、町名の「八頭町(やずちょう)」にちなみ、8種類の食材を使ったバーガー【YAZUバーガー】を開発、11月から同町船岡のレストラン「大江ノ郷ヴィレッジ」で販売しています。

とっとりバーガーフェスタで優勝した「YAZUバーガー」

 

同商品は全国のご当地バーガー日本一を決める「とっとりバーガーフェスタ2017」(10月、大山町)でグランプリを受賞した逸品です。自家製バンズにブランド卵「天美卵」(てんびらん)の目玉焼きやトマト、自家製ベーコンのほか、ネギ、エリンギ、鶏の竜田揚げ、レタスを挟み込み、見た目はボリューム満点。かぶりつくと半熟の黄身がトロリとあふれ、しょうゆベースのタレと絶妙にマッチします。

鳥取県庁で10月に行われた優勝報告会では、試食した平井伸治鳥取県知事が「素材それぞれの味が生き、歯ごたえも抜群。ヤー、ズバガしい!(やー、素晴らしい!)」とダジャレを交えて絶賛。
社長の小原利一郎さんは「オール八頭の味わい。町の活性化に繋がれば」と期待を寄せます。価格は648円(税込)。

 

 

■県民もびっくりの〝砂丘味〟
鳥取を表現した斬新なポテトチップス


カルビー株式会社(東京都)は、「ポテトチップス 砂丘をイメージした珈琲味」を11月13日、中四国のコンビニエンスストアで先行販売(数量限定)しました。コーヒー消費量が多い鳥取県の特色を生かしたご当地チップスで、一風変わった風味に話題が集まりそうです。
鳥取砂丘をイメージした珈琲味のポテトチップス

 

同商品は47都道府県の「地元ならではの味」のポテトチップスを開発する同社プロジェクトの一環で、鳥取県庁職員と協力して考案されました。

ポテトチップスに振りかけてあるのはなんとコーヒーの粉。鳥取砂丘のイメージに近づけたとのことです。袋を開けるとフワッとコーヒーの香りが漂い、食べるとほろ苦さと黒蜜仕立ての、甘さもほんのり感じられる独特の味わいです。

 

商品化報告のため、10月に鳥取県庁に訪れたカルビー株式会社西日本事業部本部長、石辺秀規さんは「大人味に仕上がった。ぜひコーヒーと一緒に味わって」と商品をPR。
価格は120円前後、コンビニエンスストア以外の店舗は11月27日から販売予定。(中四国限定)


○大江ノ郷自然牧場
http://www.oenosato.com/coco_top.html

 

○カルビー株式会社
https://www.calbee47cp.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

鳥取県広報連絡協議会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。