婚姻関係証明書の取得と翻訳 | こう行政書士ののんびり日記

こう行政書士ののんびり日記

大阪でこじんまりと行政書士をしております。
小さな悩み事から大きな困りごとまで
なんでもご相談ください。
マメさがウリです。


テーマ:

大阪在住、行政書士の康です!

 

コリアンタウンのすぐ側に事務所を構えているため、帰化申請も多く扱わせていただいております。


当事務所では帰化申請に必要な韓国領事館での証明書・除籍謄本の取得+翻訳もさせてもらってます鉛筆
 

今日はたまたま帰化申請以外に領事館関連のご依頼がありましたのでご紹介しますニコニコ

 

ケース①遺族年金手続


大正生まれのおばあちゃんが、配偶者を亡くされました。
ご高齢なこともあり、遺族年金の手続きができず、収入が完全に途絶えてしまい半年が経ちました。
当然家賃・光熱費の支払が滞り、ご家族の知るところとなりました。
親族の方が奔走され、手続きに必要な書類を調べましたが
「領事館で婚姻関係証明書を取って、翻訳をつけてください」
ここで完全にお手上げとなりましたショボーン


領事館に行ったこともなく、どうしたら取れるかも分からず、まして翻訳など・・・。
ここでご連絡をいただき、この部分のご依頼となりました。

 

 

ケース②婚姻届


2人の男女がめでたくご結婚されることとなりましたお祝い


ただ、国籍がお一人の方が「韓国」であったので
市役所から「領事館で婚姻関係証明書を取って、翻訳をつけてください」と言われました。
韓国籍の方は生まれも育ちも日本で、韓国語はわからず領事館にも行ったことがありませんショボーン
ここでも同様にこの部分のご依頼となりました。

 

韓国語になじみのない在日韓国人の方では翻訳は難しいと思います。


また、お仕事をされていれば平日に領事館へ行くのも一苦労です。

 

婚姻関係証明書の取得と翻訳は こう行政書士事務所へお任せください。


余計な時間とストレスから解放されます(^-^)


info@kou-lgbt.com

行政書士こうさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス