肝臓癌と膠原病から生還した実体験

無料相談
お問い合わせは此方から
https://kougennbyou.amebaownd.com/


テーマ:

白川先生は近藤先生よりも



抗癌剤を解析する事が出来る権威である



京都大学で癌専門医として、研究医師をされていました。



私が集めた情報として



白川先生らが所属する医学会の医師、研究医師らにも



近藤先生と同じ意見なのかきちんと直接聞いてきました



他の医師らも同じ見解だった部分をお伝えします。




※勿論、私の推測では答えは出ていても


人様に記事として伝える以上確認が必要だからです


記事にしなければ、私は自分を信じるので


自分で探して出た答えを信じる事が出来るからです※




まず、同じ見解だったのが



抗癌剤を投与する医師自体が抗癌剤に対して



”素人”だと話されていました。



著書や本人からも直接尋ねた時は



抗癌剤がどの様に効果が出るのか、製薬会社や



病院側のデータで確認をして知ってるというだけで



具体的に、血液に作用して肝臓で分解されたら



違う化学物質の構造に変わり



効果が出ないという事を理解されていないと断言されていました。






クレスチンとかピシバニールと言う経口抗がん剤

(名前を変更して似た様な抗癌剤は他にも沢山あります)



がよく投与されて1兆円の売り上げが出た抗癌剤は



生存率が改善すると言うデータ、根拠は全くなかったと



断言されているのです




フルオロウラシル系



抗癌剤は医師が癌に効果が出ると思い込んでる抗癌剤の一つです



近藤先生は、治るべき癌すら治していない



犯罪的な抗癌剤だとバッサリ切り捨ててるのです




今、顕著に治験含めて沢山推奨されてる



抗癌剤があります



しかし、中身はどれ位効果や差があるのかは



未知数なのに



宣伝では、物凄い効果があるような勧め方をしたり



医師らは患者さんへ勧めて来る訳です。



その答えは先進国にある訳です



既に先進国では、このタイプの抗癌剤で癌が治るとは



思ってる医師はほとんど居ません



其れが日本人だから効くのでしょうか?



その答えは、皆さんが判断するべきです。





アルキル系



代謝系



抗がん性抗生剤系



植物系



ホルモン系



少ないですが、BRM系



その他の抗癌剤



それら全て本当に効果があるのか



使う前に、きちんと否定する医師らに確認をすると私は良いとおもいます。





安易に治るとか、効くとか、効果があると聞いて



手を出した有名人は



自然療法をしてる頃、元気だったのに



治らないからと抗癌剤に手を出して



衰弱をして、本当に苦しみしかない中壮絶な死を遂げています



元気だったから、治そうとしてやりすぎたんですよね



元気な今を病気を抱えながら生きる道もあるし



時間を頂いて、成長を遂げて本当の体質改善にたどり着くことも



ある訳です。 不安や恐怖に飲み込まれてしまい



手を出したのが、自分の体に合わない選択をしたんです



本当に惜しい人を亡くしました



私は、こういう人々から自分の選択に沢山のヒントを下さったのです





私が肝臓癌だと告げると



多くのブロガーさんが、矢継ぎ早に病院の治療を受けるべきだと



心配して下さりました。



確かに、抗癌剤をせず手術(冷凍凍結含めて)をして体質改善をすれば良い



癌もあるし(乳癌は特に)



血液の癌は抗癌剤が効くこともあります



一部の癌には抗癌剤も効く事は存じていますが



肝臓癌に効く抗癌剤は世界中で実在も存在もしていません



ラジオ波をして粉砕しても再発が多く



転移をしたら、ラジオ波は出来ません



その場限りの治療の対処する治療に、私個人では



何の魅力も感じなかったのです




私は、医師らに本音を教えて欲しいと尋ねて



私が考えてる言葉をお尋ねしました。




病院で、癌患者さんが抗癌剤を拒否すると何故通院を拒否される



病院が多いのか私の考えでは



抗癌剤をしない患者さんが長生きをして



その長生きをした事実が病院で広まるのを防ぐ為では無いのかと



尋ねたんです



医師らは、回答をしない人も居ましたが



頷くとか、そう思うと言葉にして下さる医師が居ました。



赤字になるからと、避けてるという側面もあるんですが



私はそれだけではないと思っています。




投薬を選択しない事で



延命や改善、進行の具合を比較して初めて医学の効果が



証明される貴重な投薬をし無いと言う選択の患者さんは



生きた本当の意味での研究するに値する訳ですよね?




何故、追い返す必要があるのでしょうか?




其れは、意図する事があり結果が



病院側へ都合が悪いからです




甲田先生が、40年前から抗癌剤は患者さんへ



辞めろと強く断言されて居た事が



当時では、恐ろしいほど批判や国から問題を突きつけられたと



嘆いていましたし



何しろ、患者さんの中でも当然抗癌剤をしないでも



治らない人も居るわけで



抗癌剤をしておけばよかったと、苦情を甲田先生へ攻撃するわけです



無知や理解する事が出来なければ



あの時代に、体を張って抗癌剤を止めていた医師は



本当に稀な存在で尚、命すら危険になる立場でしたから



途中から抗癌剤を辞めさせるとか癌患者さんを引き受けなくなりました。




今の時代は、流石に



抗癌剤の危険性を知る人も増えて来て居ても



体質改善やら、元気にする方法



治すまでの道が見えていない人が多いのです



又、不安や恐怖に負けて



途中から抗癌剤を使用してしまう人が多いのです。



http://www.cancernet.jp/story



近藤先生が推奨してたキャンサーファックスは



現在は利用出来ないので



上記が似た事をして下さります




抗癌剤を選択するのならば



せめて、肯定する医師、否定する医師、抗癌剤の実際の



治る率を調べてから行うべきでは無いでしょうか。




延命に手助けしてくださる



効果的な手術、治す手伝いをしてくださる手術もあります



放射線関係もまさに、沢山ありますから



抗癌剤をセットにしないと治療をし無いと言う病院ではなくて



抗癌剤を使用しなくても、手術やらオンコロジーやら



放射線をして下さる病院を探す選択もあるんです




その上で、体質改善こそが



再発やら治癒やら病気から卒業するには



本当に必要なんだという事を



理解をされて下さい。




全て、正解を手にしても中には助からない人も居ます



しかし



人間らしく生きて、延命してる事を何故信じないのでしょうか。




私は信じられたから抗がん剤を選択せず



自然放射線を選択して、自宅でオンコロジーをして



還元力を持たせて 水やらラドンやら



ミネラル含めた栄養を取り



生活習慣のポイントを抑えて、段階的に行い



肝臓癌という、実に治り難い癌でも



消えたんです。




自分の下した選択に納得してるから



自己治療中は、安心していました



確かに時々不安や恐怖はわき上がるのですが



その感情は育ててよい事は何一つありません



人を、自分を傷つける猜疑心しか育たないからです




猜疑心をかけて相手や自分を傷つけて



罪悪感で反省をする



こういう時間の中で、果たして本当に病気が良くなるのでしょうか?




人を大切にして



自分を大切にしなければならない時に



何故、不安や恐怖がわき上がると



衝動的に自己他を傷つけてしまうのか



私達は、人間として真価を問われてるというべき



目に見えていない、誰もが日本では言う事がない



生きるか死ぬかの審判を受けてると考えるべきなんでは無いでしょうか。





生きるために必要な学びを経て



体にも心にも、自分にも人にも



良い事をするべきなんです




いつも有難う御座います




敬具












癌 膠原病をミネラル&電子で寛解さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります