治らないタイプの癌 | 肝臓癌と膠原病から生還した実体験

肝臓癌と膠原病から生還した実体験

無料相談
お問い合わせは此方から
https://kougennbyou.amebaownd.com/


テーマ:
根拠を提示する事は以外と簡単に出来る状態です

例えば

自然療法の癌治療を試みる

医師や治療家らの体験談を数多く集計した事が

あります。
 
その言葉と体験談の中で確実に言えるのは、

多くの治療家先生方のお話では

癌患者の大半の生還者が自然療法しかおらず

生還しない人の多くが、抗がん剤を経て強い副作用が出た人は

自然療法の選択をしても

亡くなる人が多いという見解が、違う場所で

違う先生方が概ね同じ見解を示してるというのは

無視出来ない事実なのです

その中から真実を探すのは、容易いのですが

それを人に理解されるように根拠と事実を集めて伝える事が

大変なのですね

治療家はその根拠を示してしまえば

製薬会社や製薬会社側の医師や研究者が敵対するので

これらの根拠は示せないでしょう
なので、患者である私が、5年ぐらい前に統計を取り調べたのです

これらの貴重な情報は紛れもなく事実です

つくし哲也さんも、抗がん剤の恐怖を知り

抗がん剤をしては駄目だとおもうときには命が消えかけてたと

告知しております

今の医者も、現在の抗がん剤は死んでしまうと

言うメッセージを踏み出し伝える意味でも、抗がん剤を頼るなと言う

意味でも軒並み有名人が抗がん剤でバタバタ亡くなり

その隠されたメッセージを理解できる人は自然療法の恩恵に

預かるべきだと伝えてるのです

私は、医者が自然療法を選択してる人を多く知ってます

医者自らも抗がん剤は9割しません。

しても付き合い程度で必要最小限しかしません

これらの事実を知ってその上で自分の治療方針を決めて下さい。






背景を道にしました

まだまだ道半ばの人も多く、私もこれからが本当の成長だからこそ

自分の成長と仲間や家族.皆様の成長が楽しみです


死と隣り合わせ苦しみの隣り合わせでも

成長できる今を大切に生きて行きますと決める事が出来たのも



私一人では到底選択できない道でした この道は歩んだ人が居ないに等しく

手探りと勉強と学びと自分や人と向き合い病気と向き合う

闘いとか闘病と言う言葉を使うのは余りにも違う道だったのです

自分と闘うとか、病と闘うではないのです

病気も自分の一部であり 遺伝子に組み込まれた人が成長するため

人が学ぶ為に必要な過程だったのです。それを闘うと言う否定をしてしまう事で

受け止めないからこそ

結果本人が知らぬ間に現実逃避になり、余計に心も目も曇り

真実や事実すら知らず知らず見えなくなってしまうのです

この意味は大変重要なのです




更に抗がん剤について付け加えると



抗がん剤により遺伝子が大きく破損した場合は

自然療法でも修復出来ないと言う結論と

前回の記事でも明記してるように

細胞が酸化と死滅と言う連鎖を引き起こしたからこそ

手に負えない状態になっていると考えています

私の見解が皆様の治療の損にならず

少しでも良い結末になる一助になれば幸いです


いつも読んで下さりありがとうございます。

癌 膠原病をミネラル&電子で寛解さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります