癌と膠原病から元気になった実体験

最終的に辿り着いた高濃度ミネラル、ホルミシス療法を
提案しています。在庫限りですが
震災前の安全で私自身が膠原病と癌を寛解したミネラルと
ホルミシスを
提案しています お問い合わせは此方から
https://kougennbyou.amebaownd.com/


テーマ:

朝起きたら。
水素水でスイマグを飲み宿便を出す事 大体一日1000ml

還元電位480以上 水素1ppm以上 中性域の水条件
ココナッツオイルを小さじ1杯飲む
自家製青汁 200ml 糖質を避けた青物野菜

※体が弱い場合は、記事に載せたスープを飲む事

※サナモアの光線治療を20~40分照射

昼と夜に分けて 1回分掲載
生発芽玄米 60~100gをクリーム状

豆腐 200g
ニンジンおろし 60g
大根おろし 80g
長芋おろし 80g

※お昼に適度な散歩が良いです

ストレッチをしたりして、血流を良くする事と

適度に筋力を使う事です

乳酸毒が出ないように無理をしてはなりません



※良性の乳酸菌の出す物質の塊が粕汁に豊富に含まれてます

毎日1杯でも良いので飲むと断然変わります

良性の乳酸菌生産物質をサプリで大量に取るとなると

非常に高額ですが粕汁なら安く、大量に取れる理想系です

必ず、ゴボウを入れて下さい。

粕汁にした時は、上記の豆腐、ニンジン、大根おろし、長いもおろしは

辞めて、魚と粕汁と玄米という具合にして下さい。



カロリー計算で言うと1600前後が理想です



焼き海苔 大サイズ2枚
漬物 野菜(時々)
メカブ モズク ヒジキ(時々)
キャベツとにんにくを塩であえたもの。時々少々
干ししいたけを煮たもの (シイタケは自家製太陽にあてた乾燥物)
その他温野菜(糖分を多く含んでない野菜)を空腹時に適度に。
納豆(時々)
黒にんにく(自家製時々)


※魚は鰯、ジャコ、白身を1回100g 日に1回2回なら問題ないです


案外食べる量は多くなりますが


極度の小食や断食は不要です


最初は酸化した血液と体液、腸内環境を改善する為に


必要なエネルギーが重要なのです。


宿便は毎日のスイマグで出し切る事も大切ですが


出しすぎると体が芯から冷えすぎてしまうので


断食をして、宿便を出すという内容は膠原病や癌患者の


状態に応じてはしないほうが宜しいと考えてます



※エノキをミキサーして煮た汁を凍らせて

汁物や煮物に使用してます



糖質は極限に抑えなければなりません

なので味付けは塩のみでシンプルがベストです

自然塩は焼き塩がベストです 7g~10g
黒いりごま 大さじ 2杯程度から3杯
柿の葉茶 毎日500~600ml


アーモンド 4~5個
くるみ 1~2個
日に1回~2回に分けて毎日食べても良いです。


ビフィズス菌(潰瘍性大腸炎寛解用)2~4袋





この上記を原則基本としております



この基本に、個人差に応じて


足りない不足点を補うのです




例えば、酸化還元が水素では足りない場合は


水素の数十倍還元力がある


α線を利用した自宅で温泉水を作り飲用する事です


医学的に証明されてますが


100ベクレル以上(1L)のα線で、ウラン系統だけが


30分にレモン3個分の還元をしていきます


これは、90時間継続して寝ても覚めても自然に行うのです


また、不完全な細胞が多い場合は


α線よりもγ線やベータ線にて細胞に小さく傷を入れて


自然淘汰を行い酸化還元をしてる状態で栄養をきちんと取り込みながら


再生をさせて行く訳です



ただし、1回では上手に再生をしません


膠原病の根が深い人ほど、何度も繰り返さねばなりません


細胞や生命力を再生させるために


何の栄養が必要でどの程度還元力が必要なのか個体差が


違います



例えば、水素水7.0で変化が無い人は


血液が異常に汚れてるので


この程度の還元力では変化が出ないのです


-還元電位100~最大-250程度です


これを-600の還元電位と水素を同時に入れれば


血液が酸化還元していくでしょう


これでも、不十分な場合はα線のウラン系だけです



また、どんなに最善の自然治療をしても


治らない人は


病気の原因を辞めてないのです



病気の原因を追究してやめる事


これが大切になるでしょう



※ココナッツオイルを提案してますが


例えば動くと電池が切れたように疲れてしまう場合


カロリー不足が原因の場合は


オイルを大匙スプーンで朝昼晩を2杯ずつとか


増減をして飲むと良いです、これで改善しない場合は


副腎皮質ホルモンが不足してますので


シラス(ジャコ)太陽の自家製乾燥シイタケをよく食べて


その上で光線を浴びると改善して行きます


それでも、改善しない場合は腸内細菌が関係してます


その場合は、腸内細菌サプリを多くとり


ミヤリサン、ビオフェルミン、ビフィズス菌


を増やす事です。


手作りの朝鮮人参(自然ステロイドが多く含まれてる自然の物)


枇杷の種等の薬草の焼酎を作ると


冷えや、各症状を緩和するとか改善するには大きく役に


たちます。


個体差に応じて、正しく理解をしてそのうえで


自分の体に適正な食事レシピを作る事が大切です



例えば、麦とか玄米、豆腐などを完全に抜くと


イライラしやすくなります


外国の場合、カンジタ菌を減らす為に


当たり前のように米、味噌、醤油、大豆等は規制しますが


これは大きく分けて考えると間違いです


外国の人と違い分解能力が高いので規制しすぎに注意です


日本人は、動物性のタンパク質を食べても分解できるのは


魚と鶏肉までです 自分の体温より高い動物は


著しい酸化物質を作ります。その毒素を排出したり除去するだけの


能力が低下してるので、肉食で病気は治りません。





ハーバードで食事を研究してる医師研究者が


酸化還元する食品は、免疫力を高めると公認してます


酸化還元するのは食品だけではなく


空気も水も同じ事が言えます。


また、酸化還元をするグルタチオンはタンパク質から


作られます。問題は、水素が糖質から作られるのです


1gの糖質で50ccも作るので


どのタイミングでどの量だけ糖分を入れるかという問題が


大変難しいのです


上記の食事からも糖質は入れてあるので


完全に除去した食事内容は大変危険ですm(__)m





※玄米や玄米クリームをココナツオイルを入れて炊いて


頂いた後に冷凍して小分けしておくと


冷やした時に、化学変化が起きて消化されにくい食物繊維と


同じ性質になる事で


カロリーも半減しますし、当然血糖値も急上昇しなくなります


白米でも同じ事が起きますし


パンにしても同じ事が起きます。例えば、自家製粉にて


玄米パンを作る時にココナツオイルを入れて


冷蔵庫で冷やせば化学変化が起きて消化されにくい


性質によりカロリーも減るし、血糖値も急上昇しないという


性質になるのですね


これは、実話ですが


肉食を主体とした糖質制限をしたある有名医師は


癌になりました。


私は、昔から糖質制限の肉食については危険性があると


指摘しておりましたが


中々聞く耳をもたれる人は少なく


医者や立場が偉い人のいう事を聞く人が多く居ましたが


真実を伝える、いえる人というのと立場は全然リンクしません


きちんとそれらをご理解下されば幸いです



※肉は肉でも鶏肉は意外と問題無いです


油分が少ない鶏肉は食べても大丈夫ですので


上記の魚の変わりに食べたり、半分半分にして


工夫しても差し支えないと思います。




長文ありがとうございます


このレシピで病気が軽快したという癌患者さんや


難病患者さんは実在してます


しかし、万人に共通するという事ではなく


基本を此れにおいてみて


自分に必要な体質に応じて適せん増減する事です




長文失礼しました


参考にされて頂ければ幸いです。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

癌と膠原病からの生還者さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります