初めての社員旅行、厦門 (2日目) | 高学歴パパがいく

高学歴パパがいく

夫婦で始めた株式投資や不動産投資、家族4人の気まぐれな日記を綴っていく予定が・・・、突然の上海赴任が決まりその慣れない海外生活をご紹介することになりました♪


テーマ:
前回は厦門の世界遺産の1つ、
コロンス島を紹介させていただきましたニコニコ



今回はもう1つの世界遺産である土楼を紹介させていただきます。

土楼は厦門の中心街から山側へ向かうこと車で約2時間。
つい最近まで(いつだか忘れてしまいました)
中国政府も存在を知らなかったみたいです。

アメリカ政府が人工衛星で見付けて、
中国政府が初めて存在を知ったのだとかアセアセ

そんな土楼ですがそもそも何かというと、
他部族の侵略から自分達の部族を守るための
土壁でできた日本でいうお城みたいな家です。
敵が登りにくいよう壁は垂直で、
仮に登れたとしても侵入しにくくするため
窓は一番上の階にしか付いていません。

また壁の所々に小さい穴が空いていて、
そこから鉄砲などで敵を攻撃できるようになっています。
入口も1ヵ所しかなくまさに鉄壁ですねアップ


そんな土楼の内部がこちらキラキラ
中は広場のようになっていて、
部屋が数多くあるのが分かります。

土楼が発見された当時は数十の家族が暮らしていたそうですが、
今はご老人などが中心に暮らしているだけで
だいぶ人数が減ってしまったそうです。

確かに風はそのまま入ってきますし、
世界遺産で近代化のための工事ができず、
電気やガス、水道などのインフラは全くありませんえーん

そんな厳しい環境だとどこの国も若者は
都市部に行ってしまうみたいです。


今は人気の観光地となっている土楼ですが、
この地域の名産品が下の2つになります。
中国柚子と
パッションフルーツです

中国柚子は
大きさが日本の晩白柚(バンペイユ)程で、
味はグレープフルーツをかなりさっぱりさせたものでプチプチした食感を楽しむ感じですルンルン

写真のパッションフルーツはまだ未熟で、
食べ頃になると紫色と黄色になるものの
2種類が栽培されていました。
個人的には爽やかな酸味のある黄色の方が好みでした口笛

またビタミンCやB群が豊富で健康志向の
高い方には持ってこいのフルーツですアップ



そんなこんなで2日目は土楼を満喫し、
最終日の3日目はお寿司を食べました寿司

日本人の板前さんがいる鮨一さんです(*^^*)
かなりキレイな盛り付けで味も抜群に美味しかったです!!

特に私はこの、、、
鮪、ウニ、イクラの併せ技にやられましたラブ

良い感じで初めての社員旅行を締め括れて良かったです(≧∀≦)


ちなみに鮨一さんですが、
主に長崎産の魚を輸入しているとのことで、
お値段は結構お高いですがランチなら何とか
手が出るという感じです。

上海に本店があるみたいなので、
何かの記念日の際に利用したいですウシシ





高学歴パパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス