お気に入りの・・・TVドラマ(ダウントン・アビー) | お気に入りの・・・
新型コロナウイルスに関する情報について

お気に入りの・・・

お気に入りの・・・、の続きは、映画、本、文章、音楽、物など何でも入ります。楽しいことばっかり書き込みたいと考えています。

Soap Opera といえばメロドラマのことですが、’80年ごろアメリカで、その名もまさに「Soap」というソープ・オペラが大ヒットしたことがあります。次から次へととり止めなく事件が起き、そして大勢の笑い声が挿入されている類の・・・。

 

この「ダウントン・アビー」というのもソープ・オペラですが、笑い声は入ってません。100年ぐらい前のイギリスの伯爵一家とその召使いたちの真面目なドラマです。

TVドラマはあまり観ようとは思わなかったんですが、ちょっと覗いてみたら、すぐにハマってしまいました。

 

まず、貴族の暮らしぶり、城と言ってもいいような屋敷、魅力的な登場人物、綺麗な風景、当時のファッション、たくさんのクラシックカーなどなど。

1912年のタイタニック沈没から、歴史に沿って様々なことが起こってゆきます。第一次世界大戦、スペイン風邪、電気、電話、ラジオなどの導入に間誤付く人々など。

 

今、シーズン5まで見てしまいましたが、6がファイナルみたいです。

このドラマはNHKで数年前にやってたみたいですね。僕は知らなかったんですが、世界中でヒットしてたようですね。

 

第1次世界大戦勃発直前の1912年。イングランド郊外にたたずむ大邸宅“ダウントン・アビー”で暮らす貴族グランサム伯爵一家は、タイタニック号沈没の報せに騒然となる。家督を相続するはずだった長女の婚約者が帰らぬ人となったからだ。グランサム卿には娘しかない。よそ者に財産を引き渡したくない母親と妻は策謀をめぐらせる。一方、一族に仕える使用人たちにも突然の出来事が起こる―。

 

マシューと長女のメアリー。お互いに惹かれあっているのに、プライド、意地っ張りでまさにソープ・オペラ。ついに結婚して子供が出来、幸せの絶頂というときにマシューは事故で死んでしまう。一番のイケメンなのに残念。

三女のシビルとショーファーのトム。身分の差をものともせず結婚するが、赤ちゃんを産んだ時に病死してしまう。一番可愛い娘なのに残念。この役のジェシカ・ブラウンはこの役が自分のイメージとして固定してしまうのを恐れて降板したらしい。

ベイツとアンナ。召使いのカップル。相思相愛で結婚するが、冤罪でベイツが監獄に入れられたり、後にはアンナも逮捕されてしまう。

マギー・スミス(マクゴナガル先生ですね)と、ペネロペ・ウィルトンの皮肉の掛け合いが面白くて、思わず笑ってしまうところが何度もあります。

執事、カーソン役のジム・カーター。声が凄い。写真右の意地悪なオブライエン役の女優は世界中から非難の手紙があまりにもたくさん届いて、降板したらしい。(名優だということですね)

  

クラシックカーがたくさん出てきます。